CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
SEO対策
解析
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
CATEGORIES
漏エネ住宅よ、さようなら 5

 国の方針や業界の利害で、すでに先がわかっているのに進化を小出しにされるなどと言うことは、本来の姿ではないと思います。住まいづくりは、コストも桁違いですし本来のあるべき耐用年数からすれば、建てればそれから50年以上もそこにあり続けるものです。進められるだけ進めたリアルな最先端で創るべきだとは思いませんか?コストが合わないというお話しがよく出ますが、要するにどんな時間の物差しで評価していくかと言うことです。日進月歩でコストダウンはされて来ていますし、投資したコストに対する償却期間は日に日に短くなって来ている。ましてやこれから先、エネルギーコストが上がっていくにつけ、そう言う傾向には拍車が掛ります。一番危惧されるのは、十把一絡げに甘々の基準越えをさも省エネのごとく理解したり、「エコハウス」という言葉が大変広い意味合いで使われていることにあるべき性能に達していない住まいがこれからも増えることだと思います。省エネと快適は矛盾しないレベルの性能と言うものがあります。そして、それは技術的には問題ない領域の時代です。創エネで相殺されて0エネと言うのは今の経済社会で見掛けの消費を減らしているお話し。創エネを一旦はずしたところで、何処まで消費を小さくできるかが、本来は将来にわたって住まい手を守ってくれるエコハウスなのです。

 漏エネ住宅にさようならをして、ほんとうの意味でのエコハウスを創りませんか?(おわり)

JUGEMテーマ:建築

◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村

※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

 ←ここも!ここも!

| 住まいづくりのヒント | 07:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
【真夜中のつぶやき】やさしくなろう。

 大手賃貸アパートシステムの建物が違法建築であることが大問題になっている。

会見を見ても、「設計と施工の意思伝達の不具合」とか、なんだか他人事のような経営陣の答弁には、誰に向けてのどう言う意味の会見なのか、空しさばかりが残ってしっくりしない。ニュースなどでも「今回の施工不良」などという言葉が踊っているが、そんなメデイアの変な表現も不可解だ。明らかに不自然。賃貸アパートの「界壁 (隣家との間の壁が天井より上も屋根まで繋がっている必要がある壁のこと) 」が必須であることは、建築に携わる者であれば誰でも知っている。それが鼻からない案件もあるという悪質ぶりだ。「施工不良」などというレベルではなく意図的に手間か予算をケチった違法建築である。確かにこれだけの大手だと、被害も甚大で社会的影響は大きく、簡単には解決しない大問題だから、報道も及び腰なのかもしれないが、ただ、だからこそ、客観的な事実報道で検証するべきではないだろうか。

 もしこれが吹けば飛ぶような中小の会社が起こした事件だったら報道は同じだろうかと思ったりする。割を食うのは真面目に一棟一棟思いを込めて手作りしている我々だ。居たくもない腹を探られて、規制は厳しくなるばかりである。最近のメディアの傾向として、大きなものには甘く、小さなものにはヒステリックに粉砕するまで叩き続ける傾向がみられないか。何だか上を見るほどに軽薄な答弁にもかかわらいずメディアはスルーのオンパレードでそう思えてしまう。

 いい大人がそんなだから、最近の外食産業やコンビニのアルバイト店員の蛮行を「バイトテロ」というらしいが、あんなことも頻発させてしまうのだ。社会が大きく歪んで、コミュニケーションが滑らかさに欠け、人と人との信頼性が揺らぎ始めている。色々な立場の人間の愛のない行動と言わざるをえない。

 負の連鎖は、何らかのかたちできっと止めなければならない。ちょっとでも、あらゆることに優しくなろう。

JUGEMテーマ:コラム

◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

 ←ここも!ここも!

| エッセイ | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
漏エネ住宅よ、さようなら! 4

 根拠のないところで論じると、中途半端なものになり、省エネと言いながら、漏エネに毛が生えた態度のものになりかねない危険性に触れました。これから先を見据えた住まいづくりをしようと思えば、今まで通りの価値観ではきっと失敗します。これまで快適とはほど遠い我慢を強いられながら、しかも漏エネ住宅でのくらしわしていた事に気付いていなかったという認識を持って取り組むべきです。少なくとも、これから建てられる住まいは、そこを本当の意味でクリアしなければなりません、「我慢ながら、無駄なことをしている」そう言われてもまだ、脈々と受け継いで来た概念は簡単には変わりません。省エネ、エコハウスという言葉ばかりが踊りますが、実際に住まい手にとって実感の湧くものにしなければ非常に勿体ないのです。

 「夏を旨とすべし」は温度を下げるシステムがなくて、通風しか手段がなかった当時の言葉、冬を多少犠牲にしても、家はスカスカにしておかなければならなかったと言う訳です。それに慣れすぎて、気密・断熱に抵抗があるのです。しかし、私に言わせければ、本物のエコハウスレベルにすれば、気密・断熱は冬にも夏にも有効な技術です。ここは一気に、そのレベルに引き上げたいのです。(つづく)

JUGEMテーマ:建築

◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村

※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

 ←ここも!ここも!

| 住まいづくりのヒント | 07:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
HIGECAFE in HITA 開催確定!!

 今年も開催確定となりました。毎年、日田伝統の蔵元「井上酒造」の蔵開き「春搾り」で行わせて頂いているHIGECAFEを今年も開催致します。日時は4月14日(日)9:00〜15:00 例年通り、蔵の跡取りで杜氏の百合社長が丹誠込めて創り上げた新酒「百合仕込み」のお披露目を盛大に行っている中、私はノンアルコーナー担当として、蔵に隣接する百合さんのお宅のリビングで、一日CAFEを開店です。私たちが携わった築21年になる百合邸の何とも言えない雰囲気を味わって頂きたく、ハンドルキーパーの方、百合仕込みはお帰りになってじっくりという方はもとより、お宅訪問の意味でも珈琲を飲みに是非お立ち寄りください。例年、私も田植え・稲刈りに参加して、今年は特に雄町・山田錦というお守りが難しい酒米での仕込みで出来たお酒のお披露目。喜びのイベントにバックアップで参加です。キャパに限りがありますので、お出で頂ける方はメールかコメント頂ければご案内をいたします。

JUGEMテーマ:建築

◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村

※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

 ←ここも!ここも!

| 住まいづくりのヒント | 18:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
漏エネ住宅よ、さようなら! 3

 ようやく、快適やエネルギー効率の観点から、住まいの性能を語る時代になって来たのだと思います。そう考えると、日本の住まいは、長い間冷房装置を持っていなかった時代にルーツを持ち、いわゆる冬は直火で暖めることで凌ぎ、夏は少しでも通風を願い凌いで来た歴史を今も背負っています。断熱嫌い、気密嫌いはこういうプロセスに起因していると思います。エネルギー効率など考えない苦渋の選択の末のスカスカ木造だったのです。先人の知恵には敬意を表しますが、あえてここではそれを「漏エネ」住宅だと呼称したいと思います。漏エネを、環境負荷を意識して、私たちの人権である快適を実現するための住まいにするために気密・断熱という手法へ転換していくべきだと思います。法整備などが中途半端な状態がしばらく続くと予想される中、性能も中途半端なものは歓迎しません。シフトするのならば、しっかりとしたレベルへ移行したい。でなければ一番割を食うのは住まい手です。なぜならばスカスカな漏エネ木造は、省エネ住宅とは対極にあり、これくらいで良いだろうは、ともすると省エネでも何でもないレベルに帰結しようとしがちだからに他なりません。今

は数値根拠があり、年費もはじき出せますから、そう言う比較のもとに計画するべきだと思います。(つづく)

JUGEMテーマ:建築

◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村

※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

 ←ここも!ここも!

| 住まいづくりのヒント | 07:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1614PAGES | >>