CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SEO対策
解析
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
CATEGORIES
【緊急開催】太宰府S邸OPEN HOUSE-完全予約制-

【緊急開催】

 現在完成に向けて工事が進んでいる太宰府市のS邸で、久しぶりにオープンハウスを企画します。時節柄、当日は時間帯を分けて、ご予約の1組ずつの入場で万全を期します。ご希望の方はまずinfo@be-size.comからメールにて、ご希望日時を入れてお申し込みください。ご希望時間をお伺いして、時間確定後にご案内をいたします。

 S邸はエコノミースタイルのエコハウス。夏も冬も、まずは隅々までエアコン一台の基本性能です。

 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。申し込み多数の場合は、時間調整をさせていただく事がありますのでご了承ください。

6/20   9:00〜17:00
6/21  9:00〜12:00

 

JUGEMテーマ:建築

◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村

※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

 ←ここも!ここも!

続きを読む >>
| 住まいづくり報告 | 21:26 | comments(0) | - |
住まいづくり報告 太宰府市S邸上棟

 かねてより準備していました太宰府市のS邸が今月上旬に上棟致しました。S邸は近い将来ご主人のお父様をお迎えする4人家族のための住まいです。今回のS邸も、弊社開発のPJパネルを採用、断熱施工と構造面材を工場生産し、これまでの中小工務店や建設会社が通常行っている軸在来プレカットによる木造住宅の広報をペースに、このパネルを付加する事でマンパワーの省力化と断熱気密性能を担保すると言うものです。この日も朝、土台敷きからはじめて、早々に16時過ぎには上棟パネルの仮止めから屋根の防水工事までが完了致しました。工事機会が増すごとに時間短縮となって来ていますが、平均で言っても2階建ての建物が夕刻には壁・屋根の面材の仮止めと断熱工事、屋根の防水工事までが終ると言う驚異的な早さを誇っています。これまで軸在来で住宅を作ってきたけれど、気密や断熱と言われると正直苦手、解らないと言われる施工店さんはお声がけください。大企業有利となってしまう大型パネルは色々ありますが、このパネルは中小の施工店さん用に弊社が開発したものです。今回のS邸もこのパネルを採用し、特別の手間をかけずにG2クラス越えをめざします。

 高性能が一部高額なもの、というイメージを是非払拭したいと思っています。

JUGEMテーマ:建築

◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村

※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

 ←ここも!ここも!

| 住まいづくり報告 | 21:14 | comments(0) | - |
緊急開催決定!!福岡市東区 D-HOUSE 完成見学会(予約制)

 急で大変申し訳ないのですが、かねてより工事を進めておりました福岡市東区で完成間近のD邸のオープンハウスを次の日曜日限定で開催することになりました。ニアリーパッシブの超高性能の事務所併用住宅で、建築関係の方にはこれからも内覧の機会はあるかもしれませんが、弊社関係の方、一般の方、髭の案内の必要な方は次の日曜日20日にお待ちしております。1階が事務所空間、2階がご家族のお住まいになっているD邸。下記の連絡先にご予約ください。予約お申し込みは、お電話、メール、FAXにて、お名前とご連絡先、何時頃おいでになるかお知らせください。当日は髭が暖かい珈琲を入れてお待ちしております。

 

日時 10/20(日)10時〜17時

場所 福岡市東区千早 

   ※詳細はお申し込みの方にはご案内致します。

お申し込み・予約

         お名前・ご連絡先・お越しの時間帯をお知らせください

   メール    info@be-size.com

   お電話  092-863-5299

   FAX         092-400-0350

JUGEMテーマ:建築

◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村

※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

 ←ここも!ここも!

| 住まいづくり報告 | 13:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
HOUSE-M完成見学会無事終了!!

 7月13.14の両日開催しましたHOUSE-Mのオープンハウスが無事終了し、夕刻からお引き渡し書類の取り交し。夜にはご家族の明かりが灯りました。両日ともに雨模様にも関わらず、沢山の皆さんにご来場頂き、関東のお仲間を始めとする県外の皆さんにもご覧頂けました事は、大きな収穫でした。近年髭が考えつづけている社会の劣化、歪みとともに、日本人の住まいのあり方をもう一度再点検したい、そんな思いからの少し踏み込んだご提案でした。「そんな性能で良いの?」「そんな大きさいりますか?」とコマーシャルしましたが、足元を見た確実な性能と、必要不可欠なものからチョイスした無駄のない豊かさを求めたHOUSE-Mは、概ね皆さんにも共感頂いたように思います。まず、上っ面なエコ・省エネと言う言葉に翻弄される事なく、確実なベーシックな性能を担保する事、坪単価×床面積=予算という数値に騙されずに希薄に膨張させた空間を作らない事をこれからも訴えていきたいと思います。

 住まいのほんとうの豊かさは、規模ではない事をお伝えしたい。どれだけそこに暮らすご家族が、笑い、飲み喰いをし、語るかということが大切だと考えます。その豊かさは、ご家族固有のものであり、決してお仕着せのスタイルブックに載っているような通り一遍倒のハリボテの舞台の書割りのようなものではなく、ご家族の個性が反映されたものであると思ったりするのです。私たちはご家族と組んず解れつしながら、その個性を引き出すお仕事をさせて頂いていると思います。尖ったデザインやシャープすぎるフォルムは、それはそれで社会的意義やインパクトという意味では必要なものかもしれません。ただ、私のフィールドとは些か異なるような気もします。ありきたりな共通言語の中から質の良いものを選択し、普通の人が自分を主人公として活躍できる息の長い場所を創りつづけていきたいと思います。

 22年の時を経て、お出で頂いたOBのお客様から、「うちでも築22年で先生の家がどうなるか、オープンハウスをやりましょう」とお言葉を頂いたのには思わずウルッと来てしまいました。やはり髭は、皆さんに支えられてここまで来ています。これからも、その感謝を忘れず、嘘のないものを創っていきたいと思います。

 皆さんほんとうにありがとうございました。また次回にお会い致しましょう。

深謝。

JUGEMテーマ:建築

◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村

※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

 ←ここも!ここも!

| 住まいづくり報告 | 07:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
住まいづくり報告 福岡市内W上棟

 準備を進めてきました福岡市内のM邸とD邸が晴れて上棟の運びとなりました。4月1日には事務所にほど近い城南区にてM邸の上棟。このM邸は延べ床面積25坪で大人家族4人が豊かに暮らすための住まいです。土地条件など厳しい選択肢の中でプランを進めて、色々な合理化を図りこの規模までブラッシュアップしました。工法は3年前に自社開発して徐々に進化させてきましたPJパネルを壁・屋根に使った工法で、上棟時に構造面材と断熱工事が一度に済む、軸材プレカットの救世主となる優れた工場パネルを使用しています。(ご興味のある方はお問い合わせください)土台敷きの段階から朝からバタバタと組み始め、若い大工さんチームだったこともありますが、14時過ぎにはあらかた組み上げてしまっていました。記録更新です。施主様も驚きのスピードでした。これからミニまるでいかに豊かに暮らすかのご提案を発信していく案件です。一方東区のD邸は昨日無事上棟しました。こちらは大道の軸間繊維断熱、外付加断熱のハイブリッドに内側にインパリアをした正統派の気密断熱工法をプロセスとした事務所併用住宅です。奥様が、弊社定番である傾斜柱のウッドバルコニーを気に入っておられてファサードに取り込んでほしいという嬉しいリクエスト。

ご期待答えるべくプランしました。夕方には5本の傾斜柱も無事組み上がりそのフォルムも見えてきました。北海道ご出身のご夫妻には見慣れた光景かもしれませんが、九州でこれほど正当な断熱気密工事を行うのはもしかすると少ないのかもしれません。弊社30年の足跡を垣間みるような仕事で私も気合いが入っています。断熱・気密工事は一手間も二手間もかかりますが、これが本来という仕事に仕上げていきたいと思います。

JUGEMテーマ:建築

◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村

※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

 ←ここも!ここも!

| 住まいづくり報告 | 07:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
住まいづくり報告 福岡D邸 地鎮祭

 本日は、福岡市内も寒波の影響かとても冷え込んだ一日でした。午前中は雨がふり、天候を心配しましたが、定刻の13時には雨も上がり、無事かねてより企画設計をすすめてまいりましたD邸の地鎮祭が挙行されました。晴れ男もなんとか面目躍如です。とても冷えた現場ですが、道産子のおふたりが、「福岡は寒い」と言わないで済むようなそんな性能の住まいを目指します。お仕事で福岡に新婚さんで赴任して以来、ずっと息子か弟夫婦のような存在だったお二人が、まさか福岡に居を構えられるとは、最初お話しを伺った時は青天の霹靂でしたが、お声がけ頂いたのは本当に嬉しかった。本当に福岡かと言うお伺いと、本当に私かというお伺いをまず確認致しました。笑。この上は、王道の軸間繊維断熱に外付加、インバリアの基本に忠実な工法で超高性能を目指します。たいしたことは出来ませんが、万全の体制で、精一杯創らせて頂きます。

JUGEMテーマ:建築

◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村

※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

 ←ここも!ここも!

| 住まいづくり報告 | 20:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
住まいづくり報告 山口F邸 28 ウッドバルコニー

 2階のウッドバルコニーは真南に向いていて、時折行き交う幹線道路の車を一望できる場所になっています。深い軒と横桟に守られている場所は、外部とも内部ともつかない心地よい曖昧な場所となります。弊社定番の簀の子床は、防水の必要がないので2階の床と高さを揃えることが出来、出入りも非常に自然です。低いラックで洗濯物を干されても、下からはほぼ見えないし、風はよく抜けるので乾きは早いです。良い季節にビーチチェアなどおいて微睡むなんて贅沢かもしれません。吹き抜けの窓ガラスはここからお手入れします。

 いずれにしても外部の露出する木部は、濡れない設えとすること、先々取り替えメンテが出る場合も想定して、パーツ交換が可能なことが必須だと考えます。後々を考えると、安易に防水して下部を室内に取り込むことはしません。取捨選択をして行くとやがて定まって来た弊社のオリジナルパターンです。

JUGEMテーマ:建築

◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村

※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

 ←ここも!ここも!

| 住まいづくり報告 | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
住まいづくり報告 山口F邸 25 外回り3

リビングの大きな窓に面して、ウッドデッキが広がっています。例えば昔の農家の設えとして、広縁、濡れ縁と言うのがありました。室内と室外を何となく緩く繋げてくれる日本の住まいの魅力のひとつだと思いますが、弊社ではその現代版として、このウッドデッキを設けることがよくあります。屋内からちょっとそのまま出て来てみたくなるデッキは、室内側から見たらリビングの床の延長で同化し、リビングの広さを視覚的に増幅してくれる効果があります。今回は台風時期の飛来よけに、三枚の鎧戸を装備、大きな窓でも安心の内外の設えとなりました。上階の愛っどバルコニーも弊社の定番。横桟は風邪がよく抜けますが、近い視線は確実に切ってくれます。リビングのハイサイドのガラスふきはこのバルコニーから行います。木部を沢山使えるこの部分が、外観的にも重要なアクセントになっています。

JUGEMテーマ:建築

◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村

※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

 ←ここも!ここも!

| 住まいづくり報告 | 10:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
住まいづくり報告 山口F邸 24 外回り2

 実はF邸は車の往来が多い幹線道路の進行方向から一望できるこの西側の妻面が、言わば顔とも言うべき見え方をする面で、ファサードとしてはこの見え方が一番印象的かもしれません。

 土地条件から迫って来る延焼ラインを割り出し、ラインが掛からない外壁部分を天然木の羽目板張りとしてアクセントにしました。スクラッチタイル調の外壁とのバランスで、引き締まった印象を演出しています。西陽除けの可動スライド鎧戸もアクセントになっています。緩勾配の屋根と深めの軒で安定感のある「住まい」の原型を表現しました。手前に広がるのは、おばあちゃんが丹誠込める畑です。ご親族に守られながら、すくすくと成長して行くFご一家を象徴する「かたち」です。

JUGEMテーマ:建築

◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村

※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

 ←ここも!ここも!

| 住まいづくり報告 | 10:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
住まいづくり報告 山口F邸 23 外回り

 F邸の南側は、幹線道路の道路法面に近接し、高さ的に少し下がった土地にあります。道路の反対側まで障害物がなく日当りもよいし、バルコニーからの眺望も良いのですが、逆に、隣家のおばあちゃんから教えて頂いた教訓から、台風時期などの飛来物の被害が想定されるということがわかりました。そこで、リスクの大きいと考えられる窓に対して、鎧扉(よろいとびら)を設けました。ダイニングのピクチャーウインドウは、パタバタと横の鎧扉を折り返すと、ガラスを覆ってしまいます。ウッドデッキに続く大開口には、袖壁に雨戸状の引き戸を設けています。リビングから出るウッドデッキには雨がかりはなく、その上にはウッドバルコニーがあります。5寸柱でしっかりと支えられたバルコニーは深い軒も支え、リビングに入る夏と冬の光の量を加減します。道路側から余り内部が見れないようにという配慮は、南面だけに日射取得のメリットと相反しますが、人の視線もこのバルコニーや軒の深さなどで少し加減しています。一気に外壁面が露になるよりは、開口部が目立ちにくくなります。色々な安心を想定しています。

JUGEMテーマ:建築

◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村

※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

 ←ここも!ここも!

| 住まいづくり報告 | 17:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/67PAGES | >>