建築YA「髭」のCOLUMN

福岡を中心に住まいづくりをする建築YAのコラム
<< ドイツ視察2016-7【第20回国際カンファレンス4からのetc 】 | main | ドイツ視察2016-9【第20回国際カンファレンス・オプショナルツアー1】 >>
ドイツ視察2016-8【第20回国際カンファレンス5】
0
     カンファレンス二日目の夕刻、閉会前の最後には、フランツ・アルト氏、ワイヅッカー博士、そしてファイスト博士の3人によるトークセッション。これからのエネルギー問題、パッシブハウスの行方から、時折ナビゲーターが話題を軌道修正して元に戻すほど、果ては国際政治、単語の中にパナマ文書のことまで取り上げられる多岐にわたる熱いお話が繰り広げられました。森代表に内容をお伺いしましたが、最終的にはあらゆる事おいて今後もっと倫理観が問われていくと言うお話だったようです。なんだか日頃私が鱓の歯軋りのように日日を贈り名がも感じ、語っている事と完全に重なっている内容で感動しました。閉会の時には、このカンファレンスの準備に関わるPHIのスタッフの方達やお世話役の皆さんが、続々とファイスト博士に舞台に上げられ、皆さんに感謝するという博士のスピーチによって二日間のカンファレンスが幕を閉じました。
     アジア担当のカウフマンさんの計らいで、今回も日中韓のアジア圏からの参加者が一堂に集められて交流会が設けられました。昨年同様中国勢は圧巻の200名あまり、中国語が飛び交う会場の中で若干引き気味ではありましたが、これから日本も頑張らなければと心に誓う一時でした。全日程のカンファレンスを終えて、最後のダルムシュタッドの夜は、旧市街の広場沿いのにぎわうレストランでの夕食。代表と3人、そしてカンファレンスでお知り合いになったベルギー在中の商社の青年と5人で楽しい夕食会となりました。
    JUGEMテーマ:建築
    ◆読まれたらココをポチッとお願いします!→にほんブログ村 デザインブログへ ←ここですよ!
    ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑
     ←ここも!ここも!
    | 歴史・文化・旅 | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://archstudioten.jugem.jp/trackback/7284
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    ホームページは↓ココをクリック!!
    ランキング投票クリックよろしく!!
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    人気ブログランキング【ブログの殿堂】

    SEO対策
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    にほんブログ村
    解析
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE