建築YA「髭」のCOLUMN

福岡を中心に住まいづくりをする建築YAのコラム
<< ドイツ視察番外編【帰国して想うこと】 | main | GW...窯開き。 >>
博多どんたく港まつり
0
     昨日と今日、福岡は「はかたどんたく港まつり」という祇園山笠と並ぶ大きなお祭りで市中がにぎわいます。今年は熊本の震災を悼むかのように、初日の3日は大降りの雨でした。昔から、どんたくと雨はつきものと言われ、この頃から夏の蒸し暑さの気配がしてきます。私の中学の同級生が、博多のごりょんさん(博多部の商家のお嫁さんの呼称)となっていて、彼女のつてでご主人様の所属する「恵比寿流」(流れとは、いわゆる町内区割りのチーム)と弊社はもう随分長いおつきあいがあります。恵比寿流の松囃子の巡行のおりには、駆けつけると幾ばかの流への志に報いるように、路上で口上を述べていただき「株式会社SiZEのご繁栄を祈願して、いおうたぁー」と晴れがましく鯛の縁起物を頂くのが年中行事となっています。今年も雨の中、待っている私のもとへお出いただき、威勢の良い口上とともに縁起物を手渡してくださいました。本当は、この縁起物は一年が終わると神社などでお炊き上げしていただくのですが、創業以来この鯛が一年の節目の大切なものに思えて、私はずっと一つ一つ大切に保存しています。もうずいぶんの数が貯まりましたが、いずれは千成りにしてオブジェにでもしようかと思っています。流の方達はずぶぬれで、今年は本当に切なかった。でも、本当に有り難い年中行事です。博多どんたくはオランダ語の「ドンターク」が語源で日曜日を意味するとか。福岡の中心部はかつて黒田の城下町の福岡部と中洲を挟んで商人街の博多部という二つのエリアがあって、このドンタークの日は、黒田の殿様に無礼講を許され、商人達が仮装をし、松囃子を鳴らしながら川を渡り、城下町に繰り出したというのがこのお祭りの起源だと言います。思えば当時の庶民もお城の殿様も、粋な計らいをしたものです。この日3日は憲法記念日。近年、時の政権は憲法改正に躍起ですが、改正の有無の前に、私は軽薄さがプンプンの今の政権にはこの70年の平和を守ってきた憲法を変えてほしくないと思います。百歩譲って、自主憲法が欲しいと言うのであれば、もっともっと安心できる政治家、国民で十分に時間をかけて考えたらいい。今の改正ありきで反対意見を封じる時の政権は信用に値しません。これまで戦争放棄の国として、世界に信頼を確固としてきた日本ですが、この政権の数年で極めて危なっかしい国に変わりつつあります。「ぼんちかわいやねんねしな〜♪」としゃもじを叩いて踊りながら練り歩く、松囃子に博多にわか、一見そんなのんきなパレードの中にも、殿様と商人、上から下までの牧歌的な自由な交流の起源があります。国民の意見をあまねく聞くのが政治家なら、時の政権は論外です。博多は商人の街として太閤秀吉の時代から自治が認められ大きく発展した自由の地でもあります。こんなお祭りの渦中にあっても、日々の憂さを考えてしまう少し悩ましい昨今です。
    JUGEMテーマ:歴史
    ◆読まれたらココをポチッとお願いします!→にほんブログ村 デザインブログへ ←ここですよ!
    ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑
     ←ここも!ここも!
    | 歴史・文化・旅 | 08:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://archstudioten.jugem.jp/trackback/7288
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    ホームページは↓ココをクリック!!
    ランキング投票クリックよろしく!!
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    人気ブログランキング【ブログの殿堂】

    SEO対策
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    にほんブログ村
    解析
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE