建築YA「髭」のCOLUMN

福岡を中心に住まいづくりをする建築YAのコラム
<< 住まいづくり報告 糸島市N邸 外付加断熱 | main | 自分でえらぶということ...。1 >>
「真夏のちょっと過ぎた夜の夢」中州JAZZ...。
0

     昨晩と今夜、博多の繁華街「中州」とその周辺は、心地よいJAZZに包まれます。毎年恒例になってもう何年になるだろう。私も毎年楽しみで、昨夜、待ちきれないように出動致しました。学生時代に諸先輩にJAZZの薫陶を受け、以来私の人生にも折々でJAZZが流れます。JAZZが良いのは、個性派なメンツが最低限のルールに則って即興的なアドリヴを回しながら瞬間瞬間で小気味良く一つの音楽として調和していくところ。私はそれを人付き合いのお手本のようにいつも感じます。中学の頃読んだ実篤の言葉に「君は君、我は我なり。されど仲良し」という有名な言葉がありますが、JAZZのセッションはまさにそれだと思うのです。また、クリエイターは世の中の動きにも敏感です。先年来福した日野皓正さんが、70代とも思えぬ元気さで震災への想いを込めた曲「NEVER FORGET 3.11」を吹き捲くったあと、帰らない群衆のアンコールに応えて、照明が消えたステージにスポットライト一本で再び登場し、無伴奏で♪うーさーぎーおーいし♪と童謡「故郷」を高々に吹いて「バイバーイ」と颯爽と帰っていったあの瞬間の記憶は、まだ新鮮に残っています。今年はJPOPで活躍していた大江千里さんが一念発起でニューヨークに渡り、渋いJAZZピアニストになって帰ってきたのも素敵でしたし、名ドラマー村上ポンタ秀一氏のバンドでGUN kondoさんが歌った「On The Sunny Side Of The Street」が心に響きました。鬱々とした世の中で、下ばかりも向いていられない。上向いて、前進して歩こうと言う彼女のMCが本当に今そんな空気感だなあと実感しました。もっと私たちは「くらし」を謳歌して良いのだと思います。そして大声で嫌なことにはNO!と言って。久しぶりに清々しい夜でした...。

    JUGEMテーマ:音楽ニュース

    ◆読まれたらココをポチッとお願いします!→にほんブログ村 デザインブログへ ←ここですよ!
    ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

     ←ここも!ここも!

    | 音楽・アート | 07:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://archstudioten.jugem.jp/trackback/7420
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    ホームページは↓ココをクリック!!
    ランキング投票クリックよろしく!!
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    人気ブログランキング【ブログの殿堂】

    SEO対策
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    にほんブログ村
    解析
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE