建築YA「髭」のCOLUMN

福岡を中心に住まいづくりをする建築YAのコラム
<< 愚直に髭が建築YAである理由...。2 | main | 愚直に髭が建築YAである理由...。4 >>
愚直に髭が建築YAである理由...。3
0

     もう何十年も、様々な呼称の中から「住まい」という言葉を使い、そこに暮らす人を施主でもオーナーでもなく「住まい手」と使って文章を書いています。最近は、同じ使い方をされる方も増えましたが、家でなく「住まい」であり、施主でなく「住まい手」であるという言葉使いには、私はそれなりの想いを長年詰め込んできました。最近15,年、20年とお付き合いを重ねてきた住まい手であるお客様と、折に触れて旧交を温めながら話していると、その想いは間違っていなかったなと思うとともに、やはり商業ベースで手垢に塗れてほしくない言葉だなとも思ったりします。簡単に、作っておわりの家ではない。何となく軽々しく、そう言う時は、「家」、「施主」でいいじゃんと思ってしまう偏屈な自分があったります。私が格闘しているのは、住まい手の暮らす住まいなのです。もっと言えば、暮らしそのものかもしれない。耐久性、性能、機能はもとより、住まい手の趣味嗜好、暮らしの信条などが織り込まれた空間を創りたいと思っているのです。愚直にそれを30年もやっていて、取り立てて自慢できるものなど何もありませんが、一つだけ言える事は、ずっと一筋の道筋が変わっていないところ。時代の流れに即応して、色々と変わった事をやる方の方が得てして目立ちますが、私などはその反対側の最たるもので、言ったりしたりしている事は30年変わらず、今でもぶれずに同じ事を思って住まいづくりをしていて、昨今は時代が同じ事を言い始めていささか当惑していると言うのが正直なところなのです。突然大騒ぎし始めたものは、やがてトーンダウンしてまた違う事を言い始めます。そんな風潮にはぶれずにやっていくしかないと思っています。(つづく)

    JUGEMテーマ:建築

    ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

     ←ここも!ここも!

    | 住まいづくりのヒント | 07:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://archstudioten.jugem.jp/trackback/7643
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>
    ホームページは↓ココをクリック!!
    ランキング投票クリックよろしく!!
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    人気ブログランキング【ブログの殿堂】

    SEO対策
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    にほんブログ村
    解析
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE