建築YA「髭」のCOLUMN

福岡を中心に住まいづくりをする建築YAのコラム
<< 愚直に髭が建築YAである理由...。3 | main | 愚直に髭が建築YAである理由...。5 >>
愚直に髭が建築YAである理由...。4
0

     京都で、伝統建築に触れる事に憧れて就職して間もなく、血気盛んなゆえに疑問も感じ、会社を辞めようと思った時に、一番慕っていた先輩から「お前は器用過ぎるからこの仕事は向かない。早う今用(現代もの)を覚えて気張ったらいい」と助言を頂いたのは今でも鮮明に覚えています。今思えば、鼻っ柱の強いどうしようもない後輩に対する餞(はなむけ)の言葉に違いなく、精一杯の褒め言葉に脚色して戒めてくださったんだと感謝の気持ちでいっぱいになります。10年ほど前、そんな先輩が福岡を訪ねてくれた事があります。二人で一杯やりながら、後継者不足の業界にあって「坂本君、おまえ京都に戻ってこーへんか?」とポツリと寂しそうに言われた事がありました。ふっと「お前には向かない」と言われたじゃないかと口に出そうになりましたが、それ程先輩も困られているんだなと思いました。「もう今様の手になってしまいました。僕にはおそらく無理ですよ」と言うと。「そうやな。むりよな。冗談やがなー」とお話はそれっきりで、先輩は来福の目的も語らずに帰っていかれました。

     現代の住まいづくりの分野にあって、器用すぎると言われた私が、ここまで不器用に一つの事をやり続けていると言うのも皮肉なものですが、当時の経験や諸先輩のご指導は今も仕事に繋がっているんだなと最近良く思います。あちらの道にそのままいたらどうなっていたのか、ifは存在しませんが、愚直に淡々と仕事をしていくスタンスは変わらなかったのかもしれません。そう言う意味では、私は当時と同じように、不器用までに一つの事を進めていくその姿勢に憧れているのかもしれません。(つづく)

    JUGEMテーマ:建築

    ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

     ←ここも!ここも!

    | 住まいづくりのヒント | 07:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 07:33 | - | - |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://archstudioten.jugem.jp/trackback/7644
      トラックバック
      CALENDAR
      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>
      ホームページは↓ココをクリック!!
      ランキング投票クリックよろしく!!
      ブログランキング・にほんブログ村へ
      人気ブログランキング【ブログの殿堂】

      SEO対策
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENT
      RECENT TRACKBACK
      にほんブログ村
      解析
      モバイル
      qrcode
      LINKS
      PROFILE