建築YA「髭」のCOLUMN

福岡を中心に住まいづくりをする建築YAのコラム
<< 愚直に髭が建築YAである理由...。5 | main | 木の住まいって、優しい...。2 >>
木の住まいって、優しい...。1
0

     日本の住まいは、長い歴史の中で豊かな森林資源とともにあり、そのほとんどは「木」で創られてきました。私たちはその長い時間の延長線上で今を暮らしています。木の優しさは、私が語るまでもなく、皆さん実感としてお持ちでしょうし、日本人であれば誰でも共感できる感覚の一つかもしれません。ただ、戦後70年の日本では、敗戦による焼け野原からの復興という命題のもと、短期間によるスクラップアンドビルドが繰り返され、木造の住宅も何時しか20年とか25年と言う周期で建替えられる代物に成り下がってしまっている感はあります。本来の木造住宅は100年とか200年とか言う時間スパンで住み継がれていくもので「今」の有り様が必ずしも理想的ではない現状も現実なのです。以前読んだ本の中で、法隆寺大工だった西岡棟梁は生前、樹齢300年の木を伐採して材料として使えば、少なくともそれから300年と言う時間は十分に耐久性のある材料だと言う意味の事を言われていました。とすれば、現在の木造住宅の一般的な柱の太さの材料を木取りするには、最低でも50年くらいの樹齢は必要だと言う事で、であれば50年は十分に持つと言われる柱で20年しか持たない住まいを創ると言うナンセンスが今あるとすれば、それは改めて行かなければならないと思うのです。JUGEMテーマ:建築

    ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

     ←ここも!ここも!

    | 住まいづくりのヒント | 06:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 06:53 | - | - |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://archstudioten.jugem.jp/trackback/7646
      トラックバック
      CALENDAR
      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>
      ホームページは↓ココをクリック!!
      ランキング投票クリックよろしく!!
      ブログランキング・にほんブログ村へ
      人気ブログランキング【ブログの殿堂】

      SEO対策
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENT
      RECENT TRACKBACK
      にほんブログ村
      解析
      モバイル
      qrcode
      LINKS
      PROFILE