建築YA「髭」のCOLUMN

福岡を中心に住まいづくりをする建築YAのコラム
<< 住まいづくりを平和とともに...。2 | main | 住まいづくりを平和とともに...。4 >>
住まいづくりを平和とともに...。3
0

     平和でなければ難しくなるのがより創造的な仕事です。だからこそ、クリエイティブな仕事につくものは、敏感に社会に目を向けて、当たり前の平和を堅持していく気持ちを強く持っているべきだとも思います。近代の巨匠達も、愚かな人間の戦争によってその活動を妨げられだ時代をくぐっています。近代建築の巨匠ル・コルビュジェはパリの活動を中断し、郷里スイスのラ・ショード・フォンで美術学校の講師としての時間を過ごしますし、ドイツのミース・ファン・デル・ローエは、バウハウス校長の身分で学生達と建築教育をナチから守ろうと奔走し、最後はアメリカに亡命をします。フィンランドのアルバ・アアルトは従軍の経験の影をずっと持っていましたし、絵描きも、音楽家もあらゆるクリエーター達が、息を殺して生きる時代を経験したと言えるかもしれません。そう言う時代にもクリエイティブな仕事はありますが、過去の歴史に照らし合わせれば、権力に媚びた仕事はやがてその終焉にメッキが剥がれ時間に濾過されて消えていくのです。常に、自由で平等な空気の中に息づいたものしか、創造的ではないという事かもしれません。

     おそらく、今の時点で、こういう事を書かない方が、仕事上は有利に事が運ぶかもしれない。そんな懸念は拭えません。ただ、いわざるを得ない社会の状況下で、私は沈黙は出来ないと思います。極めて不安定で、危なっかしい状態から、私は少しでも平和的で平等な社会へ戻るように切に願うものです。それはおそらくひとりひとりの心持ちの集合ですから、個人が冷静になり、思う事から始めなければならないのだと思うのです。集団的発狂に巻き込まれず、肌の色も言語も違う人たちとも、生身で向き合うべきだと思います。そのために、今、語る事、語り合う事、お茶を飲む事、同じものを食べる事、微笑み合う事を忘れてはならないと思ったりします。(つづく)

    JUGEMテーマ:建築

    ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

     ←ここも!ここも!

    | 住まいづくりのヒント | 07:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 07:35 | - | - |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://archstudioten.jugem.jp/trackback/7653
      トラックバック
      CALENDAR
      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>
      ホームページは↓ココをクリック!!
      ランキング投票クリックよろしく!!
      ブログランキング・にほんブログ村へ
      人気ブログランキング【ブログの殿堂】

      SEO対策
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENT
      RECENT TRACKBACK
      にほんブログ村
      解析
      モバイル
      qrcode
      LINKS
      PROFILE