建築YA「髭」のCOLUMN

福岡を中心に住まいづくりをする建築YAのコラム
<< 快適な住まいは人間を堕落させるか…させるわけないじゃん。笑 1 | main | 快適な住まいは人間を堕落させるか…させるわけないじゃん。笑 3 >>
快適な住まいは人間を堕落させるか…させるわけないじゃん。笑 2
0

     性能良く、快適な住まいを創る術はすでにあると言うのに、色々言ってそうではない住まいを肯定するのもよくわかりません。高性能が当たり前になれば、それはただの住まいです。その流れは加速してきていると思います。何十年とこの業界を見てきてよくある傾向は、高性能住宅を否定して、「身体が怠ける」などと言いながら、無防備な住まいを建てて、結局は我慢溜まらず大量のエネルギーを費やして、暖めたり冷やしたりして暮らす人がいかに多いかと言う事実です。

     折しも先日、時の環境副大臣が「クールビズの設定冷房時28℃は、科学的見地を持って決めたのではなく、何となくスタートしたので…」と発言し、「実はかなり不快だ」と述べる一幕がありました。いやはや…と思わないではいられませんが、副大臣は素人だとしても、周りのお役人に温熱の専門家はいらっしゃらないのかと呆れるばかりです。私が普段、もう20年以上作り続けている住まいの夏の室温は、大体28℃前後、決して不快ではありません。快適か、不快かを決定する要素は、寒暖計に示される温度だけではない事は、もう明らかだと思いますが、問題は湿度、風速そして、その空間を包む表面温度の総合的な受動感覚で決まってくると言う事が全然論じられていない事に、物事の本質が掴めていない政治家・お役人達を露呈させています。クールビズをエアコンの設定温度だけで語るのに無理があります。本当に省エネしたいのであれば、空間の性能を上げなければ無理なのです。

     そして、もっと重要な事は、快適で少ないエネルギーで過ごす事が出来る空間は、技術的にすでに作れると言う事。「人間が怠けてしまう」という方は、いつまでもそこから抜け出せないのです。(つづく)

    JUGEMテーマ:建築

    ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

     ←ここも!ここも!

    | 住まいづくりのヒント | 07:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://archstudioten.jugem.jp/trackback/7675
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    ホームページは↓ココをクリック!!
    ランキング投票クリックよろしく!!
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    人気ブログランキング【ブログの殿堂】

    SEO対策
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    にほんブログ村
    解析
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE