建築YA「髭」のCOLUMN

福岡を中心に住まいづくりをする建築YAのコラム
<< 快適な住まいは人間を堕落させるか…させるわけないじゃん。笑 4 | main | マジでチョーカッコいい暮らし方...。1 >>
快適な住まいは人間を堕落させるか…させるわけないじゃん。笑 5
0

     とかく都合のわるいことを精神論で片付けてしまうのは、日本人の悪癖の一つかも知れません。昨今の世相、全体主義への不快な加速は、その国民性を政治家達が熟知して利用しているからなのかもしれないのです。私は、戦時中のシーンでよく出てくる「ほしがりません、勝つまでは…」という決め台詞を思い出します。「我慢」が美徳だと言う感覚は、ある意味この国の国民の良い部分でもあるのですが、裏表で欠点でもあります。血となり肉となる「辛抱」なら良いのですが、ただただその場凌ぎの「我慢」は何も産まないのです。もっと言えば、日本人のほとんどが、本当の快適な住まいの暮らしを知らない悲劇をもっと理解して、改善を加速してなんとかしなければなりません。小洒落た装飾や尖ったデザインも大変重要な要素の一つではあるものの、エネルギーダダ漏れの温度ムラが当たり前の住まいから脱却する事が前提で、悲しくも現在「超高性能」などと表現しなければならない「普通の家」になることが先決です。

     最後にもう一度言いますが、温度が暮らしに快適な状態をキープできて、小さなエアコン一台で暮らすような住まいは一般的な技術で実現可能です。要は、作り手が知っているかいないかだけです。「そんな暮らしをすると身体が怠けてしまう」という台詞は、「写真をとられると魂を抜かれる」という台詞に匹敵します。逆に、「超高性能」はただの住まいです。日本の住まいが、超低性能なのです。ヒートショックで命を奪われる人が交通死亡事故よりも多い現実を受け止めて、私たちは加速しなければなりません。予算がないからと言って、あなたはタイヤが3本の車を買いますか?大きくないと嫌だからと、エアコンも効かない、ブレーキもたまに故障するボロボロの大型車を買うでしょうか。住まいとなるとしばしばそう言う選択がなされます。土地代が高かったから、断熱に予算が回らない。部屋数がいるから、性能はそこそこです。同じですよね。あげくに「身体が怠けて怠惰になる…」

    わけないじゃん。笑。ということなのです。(おわり)

    JUGEMテーマ:建築

    ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

     ←ここも!ここも!

    | 住まいづくりのヒント | 06:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 06:49 | - | - |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://archstudioten.jugem.jp/trackback/7678
      トラックバック
      CALENDAR
      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>
      ホームページは↓ココをクリック!!
      ランキング投票クリックよろしく!!
      ブログランキング・にほんブログ村へ
      人気ブログランキング【ブログの殿堂】

      SEO対策
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENT
      RECENT TRACKBACK
      にほんブログ村
      解析
      モバイル
      qrcode
      LINKS
      PROFILE