建築YA「髭」のCOLUMN

福岡を中心に住まいづくりをする建築YAのコラム
<< 快適な住まいは人間を堕落させるか…させるわけないじゃん。笑 5 | main | マジでチョーカッコいい暮らし方...。2 >>
マジでチョーカッコいい暮らし方...。1
0

       とかく夢のない世の中ですが、先日、電車の移動中で車両の入り口付近にいた高校生くらいの男の子たちが、「カッコヨクネ?!」と結構な大声を上げました。「マージ、チョーカッコヨクネ?!」を連呼します。ヨクネの語尾をぐいっと強く上げる事で、感嘆疑問符になるのですが、「ねえ、これ真面目に、ものすごく格好よいとは思わない?」とでも口語訳しましょうか。笑。みているとひとりの子のスマホの画面を大勢で食い入るようにみてそう言っているのです。みな同じ言葉で、「うん、カッコイイ」という自分の判断決定の応答は聞こえてこないのが親父には引っかかる。そう、一方通行に感嘆疑問符だけが飛び交う会話でした。その画面に何が映し出されているかは知る由もありませんが、その「マージ、チョーカッコヨクネ?!」の言葉のインパクトに心奪われながら、わずか数センチ四方の液晶画面を凝視している彼らの関心の矛先を、様々なヴァーチャルなメディアから、何とか現実世界へ向けられないかと思うのでありました。もしかすると「感動」という温度を持ち合わせている彼らに、リアルな感動をきちんと伝える責任は私たちにあるのです。

     私は団塊と団塊ジュニアと言われる世代との狭間の生まれですが、やはり同世代の数は大勢で、「カッコイイ」とは少しでも他人と違う目立った事と同意でした。出来ないながら、それを目指す事が格好よい事だったのかもしれません。近頃の風潮として、他人と違い目立つと言う、時にはリスクを負ってまでもカッコ良くならなくても良いと思っているのか、若者は一旦現実から距離を置き、第三者としてのコメンテーター的な立ち位置を好みます。自分以外の事はよく語るのだけれど、ではあなたは?と問われると沈黙してしまう傾向にある。数人で小さな画面を見て、ああだこうだは言えるのだけど、それになりたいと思うか、なるためにアクションを起こすかと言われると少し寡黙になる。もしかすると若者ばかりでもなく、この国の人すべてが何となくそう言う傾向にあるのかもしれませんね。

     この世相の中で、本当に快適でカッコイイ暮らしがあると言う事を理解していただくのは大変だと思います。伝え方が難しいのですが、硬軟取り混ぜて、時には現代用語も駆使しながら語り続けていかなければならないなと思います。(つづく)

    JUGEMテーマ:建築

    ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

     ←ここも!ここも!

    | 住まいづくりのヒント | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 09:00 | - | - |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://archstudioten.jugem.jp/trackback/7679
      トラックバック
      CALENDAR
      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>
      ホームページは↓ココをクリック!!
      ランキング投票クリックよろしく!!
      ブログランキング・にほんブログ村へ
      人気ブログランキング【ブログの殿堂】

      SEO対策
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENT
      RECENT TRACKBACK
      にほんブログ村
      解析
      モバイル
      qrcode
      LINKS
      PROFILE