建築YA「髭」のCOLUMN

福岡を中心に住まいづくりをする建築YAのコラム
<< 建ててはいけない「家」について...。3 | main | 建ててはいけない「家」について...。5 >>
建ててはいけない「家」について...。4
0

     この国の住まいが、エネルギー負荷の少ない、しかも快適な住まいに変わっていくには、まだまだ時間がかかると思われます。様々な政策が打ち出され、誘導されて行きつつあるのですが、何となく既成の業界の顔色を見ながらと言う部分も多々あるので、変なゆがみを生じないかと言う部分も心配なのです。これから住まいづくりをしたいと思われる方は、ピュアに、環境負荷の低減とご自分達の暮らしの豊かさと快適さをどん欲に求められて然るべきだと思います。そうすることで住まいは良くなるのです。これも、誤解を恐れずに言うならば、そもそも性能を担保する住まいを建てる知恵も予算も足りない状態で、これから住まいづくりをしてはいけないのだと思います。冒頭から言い続けていますが、数は余っています。「景気浮揚」などという胡散臭い目的のために、大切な資金で安普請の不良在庫の住まいを建てるべきではないのです。20年で朽ち果てて、また建て直せば政治の思うつぼと言うものです。本来住まいは、50年、100年と住み継がれるものではないでしょうか。例えば、そう言うタイムスパンがすでに構築されているヨーロッパの住まいの値段は、日本のものよりもやはり高値です。ただ、すでに述べたように子も孫も建てる必要がないのですから、帳尻はあってきます。社会にそう言う住まいが沢山ストックされれば、同じ生涯年収であっても、住まいに関する投資は1/3ですからもっと別の分野でお金が使えるのです。住まい手が知らない悲劇、業界が勉強不足の悲劇は減らしていかなければなりません。何も知らないで、これまでの大半と同じような住まいづくりをしていくと、数年でそれは不良在庫化します。またこれからブームに乗って省エネ、エコを謳う住まいの中にも、かなり怪しいものが含まれていきます。この事は、皆さんに知っていてほしいのです。

    JUGEMテーマ:建築

    ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

     ←ここも!ここも!

    | 住まいづくりのヒント | 07:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://archstudioten.jugem.jp/trackback/7737
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    ホームページは↓ココをクリック!!
    ランキング投票クリックよろしく!!
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    人気ブログランキング【ブログの殿堂】

    SEO対策
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    にほんブログ村
    解析
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE