CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
SEO対策
解析
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 立ち止まれば、道は開ける。4 | main | やっぱり「やさしさ」なんだよなぁ。1 >>
立ち止まれば、道は開ける。5

 さて、従来の既成概念を一旦見直し、住まいづくりを再考しようと言う内容で書いてきました。最近私の頭の中ではその答えは何だ?と言う自問自答がずっと巡っています。もちろん、価値のあるほんとうの意味で50年、100年住まい続ける事が出来る住まいづくりが王道だとは思います。私もそれを求めて30年近く仕事をしてきています。ただ、それにはそれなりのコストもかかります(もちろん、こう書くと途方もない予算がかかるように思われがちですが、実際はそれほどでもありません、時間軸を見直せば確実に住まい手にとってはそのほうが得なのですが)。新築と言う選択だけが住まいづくりであると言う固定概念を取り払い、より住まい手が充実感を味わう暮らしを提案したいと思っています。都心部ならば、地価にそれほど投資する事なく、中古のマンションを完全なる無暖房の性能にする事は可能です。戸建ても、中古市場に目を付け、優良なものを選択してレトロフィットする事も良いと思います。土地に困らずに本体にお金がかけられるのならば、絶対に50年先でも陳腐化しない性能の住まいにするべきかもしれません。いずれにしましても、住まいは誰の為に、何の為に暮らすかと言う命題を忘れる事なく、経済システムの中でいつの間にか買わされてしまうと言うような住まいづくりをしないように、ちょっと立ち止まって、あたりを見回していただければ良いかと思います。それまで考えもしなかった選択肢が、残されているかもしれないのですから。(おわり)

JUGEMテーマ:建築

※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

 ←ここも!ここも!

| 住まいづくりのヒント | 06:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://archstudioten.jugem.jp/trackback/7761
トラックバック