CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
SEO対策
解析
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
CATEGORIES
<< アテフ・ハリム ヴァイオリンリサイタル6/24 | main | 【住まいづくり報告】 福津U邸13 閉じられた個室 >>
アテフ・ハリムさんとのこと

 お会いしたきっかけは、ビックサイトで行われた建材展に20年来の私の友人が出展して、その応援にと請われて私が上京した時でした。ブースには私の仕事も写真パネルとして展示され、そこで接客していたのですが、その友人の友人として現れたのがアテフご夫妻でした。つまり音楽から始った出会いではなく、本当に偶然に友人の紹介でお会いしたのです。二言三言交すうちに、お二人とはすぐに打ち解け、私のパネルを見ながらアテフさんが、「これはあなたの仕事ですか?」と問われて、私がそうだというと突然「ここで演奏してみたい」とひと言言われたのです。勿論それは立派な音楽ホールではなく、私がいつも作っている住宅のワンシーンを切り取った写真でした。著名なヴァイオリニストの彼がまさか気軽にそんな演奏をする筈もなく、大層なリップサービスだと私も思っていました。その後、お会いするごとに親交は深まりました。彼の音楽への思い、日本への思い、そして平和への思いは私にとっては共感することが多く、いつしか杯を交しながら前世はきっと兄弟だったと互いに言い合う仲になったのです。

 時が流れて、今から8年前のことです。私は、とある仕事と格闘していました。大きな旧家の立ち退きに代替地を与えられて、家の新築をせざるを得なくなったご家族との住まいづくり。計画は、農家故の理由から、どうしても家族の人数よりも明らかにオーバースケールになってしまい、大きすぎるその住まいを建てなければならないジレンマを、私は心に抱きつづけていました。このまま出来上がり、引き渡してもご家族にフィット感はあるのかとずっと自問自答していたのです。旧家を捨てて新天地で暮らす、ご家族の中でもおばあちゃんが余りお元気でなかったのも引っかかりました。いよいよ住まいをお引き渡しする段になって、私はひとつの提案をしました。この住まいがずっと皆さんを守るように、「こけらおとし」をしたいと。邪気を払い、良いもので大きな家を満たしたいと思いました。その時に、駄目元でアテフにお声がけしたのです。アテフは以外にも即快諾してくれました。私と施工店が協賛し、私の周りのお客様50人余りが集まってくださるコンサートとなりました。予算がある訳でもないので、アテフのヴァイオリン一本。申し訳なくも伴奏もありません。それでも感動的な演奏が、宅内を満たしました。あの時のことは決して忘れられない。最後に、アテフは「これはおばあちゃんへ」と朗々と「故郷」を演奏してくれたのです。おばあちゃんは今もお元気で、その住まいで暮らしておられます。

 彼のヴァイオリンからは、優しさが溢れ出てきます。平和への祈りがにじみ出てきます。以来私は彼の大ファンになりました。アテフ・ハリムさんとのことはそんな月日を経て今があります。(おわり)

JUGEMテーマ:音楽ニュース

◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村

※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

 ←ここも!ここも!

| 音楽・アート | 07:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://archstudioten.jugem.jp/trackback/8098
トラックバック