CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
SEO対策
解析
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 「そこに愛はあるんか!」かぁ。4 | main | 長雨の中で...。 >>
「そこに愛はあるんか!」かぁ。5

 「ここに愛はあるんか?」今は逆に、そんな事を口走れば、「何を青臭い事を言ってんだ、要は利益率だ、売り上げだ」と言われる時代がまだ続いているのかもしれません。高度成長期からバブル、そしてその後も、何となくそういう風潮はこの国の主流として巾を利かせてき続けてきたのかもしれません。一時期は、その経済を武器にして、世界のトップにまで上り詰めようとしたのですから、当時の頑張った世代やその事自体を否定するつもりも毛頭ありません。ただ、今の一国のトップの首相のコメントを聴いても、「経済、経済、株価が高いから文句ないでしょ」と言わんばかりの発言が多く、「国民のための経済」が、いつしか「経済のためには国民の犠牲も厭いません」的な傾向もなきにしもあらずなのが、もはやこの物差しは劣化して、すでに使えなくなってしまっているのではないかと思わざるを得ないのです。「健康の為に、命も厭いません」なんてのは洒落になりません。命あっての健康です。そこに国民があるのだから、すべては国民の幸福のため。そのためのみに、経済もあるべきです。私たちひとりひとりが、幸福になる為の価値観に、色々な事を少しずつでも切り替えていかなければならないのだと思います。「ここに愛はあるんか?」私は自問自答しながら、日々の生業に向かいたいと思います。(おわり)

◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村

※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

 ←ここも!ここも!

| - | 07:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://archstudioten.jugem.jp/trackback/8106
トラックバック