CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
SEO対策
解析
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 「エコハウスづくり」お客様とお話ししてわかる事 1 | main | 「エコハウスづくり」お客様とお話ししてわかる事 3 >>
「エコハウスづくり」お客様とお話ししてわかる事 2

 さて、お客様に「一般の人は、今の本当のエコハウスがどんなものなのか殆ど知らない、理解していない」と言われて、正直少しショックでした。現実を真摯に受け止めれば、量産されている日本の住宅のそのほとんどが、本当の「快適」を提供できていない事、「エコハウス」「ゼロエネハウス」の看板は上がったところで、満額で実を伴っているものが少ない事も理解できます。

 ごくごく簡単に書くと、「本当の快適」は、四季を通して暑さ寒さをストレスとして感じないと言う事です。今年の夏は現在進行形ですが、「断熱」というものが、決して冬だけのものではないと言う事がおわかりになっているのではないでしょうか。年々余り好ましい事ではないのですが、この国を取り巻く気候は段々荒々しくなってきていて、それに対応して快適をキープしようと思えば、自ずと住まいには性能が必要になってくると言う事なのです。ここではっきり書いておきたいと思います。

 

1. 快適な住まいは夏も冬も、室温をストレスとして感じない。

 

 また、その快適の設えの為に、これまで以上のエネルギーが必要では何にもなりません。これまでより、より「小さなエネルギー」で快適に暮らす事、それが命題です。実はこの部分は技術的にとても進化しました。現在ではパソコン上のシミュレーションによって、設計段階で消費エネルギーを予測する事が可能になっています。つまり、場当たりではなく、その地域の気候条件と建物のかたち、窓の位置と大きさ、方位、近隣の建物などの遮蔽物の状況、そして角部位の断熱性能、気密性能などをインプットすれば、性能は数字で出てくるのです。これが本来の「快適な住まい」のつくり方なのです。(つづく)

JUGEMテーマ:建築

◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村

※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

 ←ここも!ここも!

| 住まいづくりのヒント | 06:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://archstudioten.jugem.jp/trackback/8134
トラックバック