CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
SEO対策
解析
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 「エコハウスづくり」お客様とお話ししてわかる事 3 | main | 「エコハウスづくり」お客様とお話ししてわかる事 5 >>
「エコハウスづくり」お客様とお話ししてわかる事 4

 私たちは、日々の仕事の中で、あと数センチの厚みの断熱材をの予算を確保する為に、いつも身を削るような努力をしています。お客様に事細かにご説明して、まだ見ぬ住まいの実感を形容しながら、その投資は無駄ではない事を力説し続けているのです。結果的に得られた空間で、感謝される事はあっても、お客様の期待を裏切った事はありません。その実感度も、前回お話しした突抜けた方が大きいのです。

 

4. 快適も省エネも、「断熱・気密」という不変の基礎的な技術の上に成り立っている

 

 

 と言う事が出来ます。ともすると、ハイテクな省エネ技術や住設に注目が集まりがちですが、何よりも「断熱・気密」をしっかりと施す事が、全体のバランスを良くしながら、快適度も省エネ性も高めていく最優先な手法である事はまぎれもない事実なのです。ここを適当にやっておいて、住設などで誤摩化すのは本末転倒です。断熱材は一回仕込めば半永久的ですが、住設は10年ごとに更新です。また、省エネと創エネを混同する事も、断熱・気密を中途半端にしているきらいがあります。まずは断熱・気密によるベースとなる性能を担保した上で、快適と省エネを確保します。その先に創エネ(太陽光発電など)があるのです。この沢山の要素をどれも中途半端に取り込んだものが、「エコハウス」と言われる中に沢山あるのも事実と言わなければなりません。(つづく)

JUGEMテーマ:建築

◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村

※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

 ←ここも!ここも!

| 住まいづくりのヒント | 07:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://archstudioten.jugem.jp/trackback/8136
トラックバック