CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
SEO対策
解析
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
CATEGORIES
<< エコハウスなんて悠長な事、言ってられない 3 | main | エコハウスなんて悠長な事、言ってられない 4 >>
被爆の日に憶う...。4

 今日は2度目の原爆が長崎に投下された日です。私はもう30年以上前の事ですが、現実に被爆された老夫婦に仕事でお会いする機会を得た事があります。今でもその時の事は鮮明に覚えていて、このブログでも毎年この日にその事を書き続けてきました。もう詳細は書きませんが、普通に暮らしていた市民である方が、突然被爆し、その健康被害とあらぬ差別により、その後の人生を沢山の苦痛のなかで過ごされた様子は、僅かなお話の時間でも某か伝わるものがありました。彼らが、決して望んで戦争を始めた訳ではありません。あきらかに、国の舵取りをしている人たちが、はじめたのです。でも苦痛を背負ったのはそのお二人を含め、一般の市民なのです。

 今もまた、暴走しそうな政権が、着々と敗戦による反省で培った箍をはずしに掛っています。一つ一つは細かな事かもしれませんが、これも歴史に学べば、一つ一つの点が線となり、やがて暴走した政権が、国民を置き去りに戦争をはじめないとも限らない。それは今の政権ではないかもしれませんが、次かもしれないし、次の次かもしれません。一人でも一日でも早く気付かなければ、またボタンを渡してしまう事になるかもしれない。だからこそ、過去の歴史を重く受け止めて、ボタンを渡さない手だてをしなければならないのだと思います。特別でないどこにでもいる一市民として。無関心はボタンを渡す事につながります。政治家は何でも知ってて偉いと盲進する事は、自分の命を無免許ドライバーに預けてしまう事になってしまう。今、この瞬間を大切にしなければならないと思います。(おわり)

JUGEMテーマ:社会の出来事

◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村

※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

 ←ここも!ここも!

| 社会・事件 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://archstudioten.jugem.jp/trackback/8142
トラックバック