CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SEO対策
解析
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 暖かい季節に「断熱」は必要かというお話し 1 | main | 暖かい季節に「断熱」は必要かというお話し 3 >>
暖かい季節に「断熱」は必要かというお話し 2

 着衣のお話しと、住まいの外皮のお話しで決定的に違うのは、発熱をしている私たちの身体との距離感に他なりません。皮膚の直接上に肌着を着てセーターを着て、そしてウインドブレーカーを着た状態で、セーターの中のウール繊維に絡まっている空気が体温として熱を発散している私たちの身体からもらった熱をそこで貯めてくれて、寒くない、いわゆる暖かい状態をキープしてくれます。つまり、外からは入って来る冷たさよりも、体温から発散する熱が勝って、そこに貯められる状態があるから暖かく感じるのです。夏は、外部がそもそも体温に近づき寒くない上に、体温が逃げずにそこに留まるので、そんな格好では暑いのは目に見えています。「ほら、暑いじゃん、保冷できないじゃん。脱がなきゃ」と聞こえてきそうです。まあまあ、もう少し我慢してください。そもそも、人間は発熱体です。夏でも自ら冷たくなることは出来ません。常に発熱して、内から外に熱を出していることで生命維持しています。ここが重要なのですが、つまり体温をキープするために、常に熱は内から外にしか動きません。夏も冬もです。冬は、それを少し逃げにくくすることで保温しますが、夏は常に熱は出続けているから逃げにくくすれば暑くなるのは自明です。ただ、これは着衣のお話しです。正直言って私も、夏は住まいもセーターが脱げないものかと本気で考えたことが何度もあります。技術的にはそんなシステムも作れなくしないような気もしますが、現実的にはあり得ません。

 ただ、だから断熱しないほうが良いというお話しにはなりません。着衣と違う要素があるからです。さきほど言いましたが、住まいの外皮には、私たちとの間に着衣にはない空間があります。仰られる「断熱はしない方がいい」は「寒さ対策の断熱をしたら、夏暑いから、冬も諦めよう」と言っているのです。ここどまりでは進展しないので、もう少し考えてみましょう。(つづく)

JUGEMテーマ:建築

◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村

※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

 ←ここも!ここも!

| 住まいづくりのヒント | 07:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://archstudioten.jugem.jp/trackback/8481
トラックバック