CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SEO対策
解析
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
CATEGORIES
<< ノートルダム大聖堂火災とモノづくり | main | 暖かい季節に「断熱」は必要かというお話し 5 >>
暖かい季節に「断熱」は必要かというお話し 4

 「夏」に限って言えば、冷やす必要がないのであれば、「断熱はいらない」って言って良いのかもしれません。ただ、最近の夏はどうでしょう。どうかすると気温が体温に迫るような酷暑もありますよね。いくらファンで空気をかき混ぜても、そもそもの温度が私たちには耐えられない温度になっていることもしばしばあります。断熱も余りしない家で、対策としてエアコンで冷房することは、とんでもなく効率が悪いことをしていると言わざるを得ません。ただ、「断熱はいらない」という方達の多くはこの自己矛盾の中で、しかも我慢して暮らしています。「断熱したら夏暑い」の根拠は、単なるパワーバランスの問題です。そもそも人間自身の発熱や生活廃熱、外部から侵入する熱に対して、断熱性能が負けているだけ、要は中途半端な状態と言えます。国の基準もその域を出ない状態が続いているので、この自己矛盾の性能が延々とあり続けると言うことになります。

 30年の弊社の仕事は、この断熱性能を徐々にアップグレードしてきた歴史だと言うことも出来ます。温暖だと言われる九州で、気密・断熱の性能をお客様を説得していくのは並大抵ではありませんが、それでもずっと上げつづけて来た結果、実感できることがあります。それは、住まいの温熱性能はまず冬の寒さに効果が出ることが先行し、更に高性能化すると効果は夏の季節も飲み込んでしまいオールシーズン快適に暮らせるという実感です。昔のお客様は口々に「冬暖かい」を連呼されました。正直な実感です。それから更に進めると、今度は「夏の群れや梅雨のジメジメがない」と言われ始めます。そして理想型に達すると、「上手く言えないけど、暑くも寒くもないっていうのが、一番近いかな」となってくるのです。今は、弊社はお客様のこの台詞を目指して住まいづくりをしています。(つづく)

JUGEMテーマ:建築

◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村

※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

 ←ここも!ここも!

| 住まいづくりのヒント | 07:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://archstudioten.jugem.jp/trackback/8484
トラックバック