CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SEO対策
解析
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
CATEGORIES
<< ヒートショックは冬ばかりではないのです 5 | main | 「家」が「住まい」に進化する時。2 >>
「家」が「住まい」に進化する時。1

 平成が終わり、令和の御世になり早いもので半月が過ぎました。10連休という未だかつてないGWを過ごされた方も、ようやく日常が戻って来たのかもしれません。考えてみると、この平成の30年余りは、開業以来私の住まいづくりをずっと続けて来た30年であり、長かったようであっという間の時間でした。どれほど自分が、また自分の住まいづくりが進化したかは一口にいえませんが、いずれにしても随分周辺がか変わりました。九州で「高気密高断熱住宅」というと、そんなものは必要ないというご意見が大多数だった黎明期。ご理解頂けるお客様だけにコツコツと説明をしながら一棟一棟建てていきました。建てた建物を反芻しながら、九州ではどうあるべきかをずっと考えながら改良を重ねながら、「そこまでいらない」「九州は温暖だ」「夏に向かない」というご意見を一つ一つクリアして来た30年でもあります。一方、世の中の方は変わりました。「高気密高断熱はいや!」という方達も、一気に「省エネ住宅」「エコハウス」というラベルだけを張り替えて肯定し始めたのです。空前のエコハウスブームで、今や少し熟慮して住まいづくりをする人の口からは、必ず検討の対象となるようになってきました。

 貫いて来た思いが世の中と同調し、逆に世の中の方が追い付いて来たと言えばおこがましいのですが、8年前の福岡パッシブハウスの取り組み当たりから、大きくその流れが加速して来たようにも思います。一般の方達が外皮性能を口にし、気密はとれているかと施工店に問い合わせるほどですから、変われば変わったものです。あっという間の30年ですが、さて、結果は良い方向へ進んでいるのか。令和の始めに、少し検証してみたいと思います。(つづく)

JUGEMテーマ:建築

◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村

※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

 ←ここも!ここも!

| 住まいづくりのヒント | 07:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://archstudioten.jugem.jp/trackback/8518
トラックバック