CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SEO対策
解析
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 子どもの頃の夢 | main | 30周年記念イベント報告 2 >>
30周年記念イベント報告 1

 昨日は、事務所の30周年記念イベントで、終日様々な人々のご縁を全身で感じさせて頂く日となりました。午後から会場入りして全面ガラスの一面に貼る遮光シートの設営から始まり、パネルや模型などのディススプレイや上映会の準備、お料理の準備など、片時も休むことなく関係者の皆さんのご尽力で本当に素敵な一日になりました。小さな事務所の30年と言う細く長い時間を祝う、ささやかな祝いの場でしたが、参加者の皆さんから「温かい時間」というご感想が一番多く頂けた素敵な会となりました。ご参加頂きました皆様には本当にお世話になりましたありがとうございました。またお花や様々なお心遣いまで賜りましてありがとうございました。個々にはまたゆっくり御礼致しますが、この場をお借りして御礼申し上げます。

 15時からの映画「カンタ!ティモール」の上映会では、広田奈津子監督と私の心のこもった言葉のやり取りを少しご紹介。私がどうしてこの映画をこの場で皆さんと共有したいかをお話ししました。ともすると、この手のドキュメンタリーは暗くなりがちで、ただただ悲惨さを共有して消化不良すら起こしかねませんが、この広田監督の視線はそこに帰結しません。広田監督は私とのやり取りの中でも、映画の中でどうしても悲惨なシーンを表現しなければならなかった理由として「彼らの強い文化をご理解頂く為には」という言葉を使われました。私はその表現に勝るものはないと、そのままの言葉で皆さんに伝えました。映画は東ティモール民主共和国と言う小さな国の独立までの苦難のドキュメンタリーです。弊社30周年でなぜこの映画なの?と思われた方も少なくないと思いますが、きっとご参加頂けた方にはおわかり頂けたと確信しています。上映後はフェアトレードで東ティモールから輸入されたコーヒー豆を使って皆様に珈琲をご提供。五感で色々なものを共有したいと言う私の想いを共有してもらいました。私は後日のメールで広田監督に「ネガティブな出来事に抵抗することなく希望を持って進むこと」を東ティモールの人々に学んだと伝えましたが、監督はその言葉をすごく感じ取って温かい気持になると言ってくれました。そのことも皆さんと共有する時間でした。(つづく)

JUGEMテーマ:建築

◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村

※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

 ←ここも!ここも!

| 住まいづくりのヒント | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック