CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SEO対策
解析
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 住まいのバランス「コストと快適と性能」5 | main | 「我慢」と「省エネ」の間で...。2 >>
「我慢」と「省エネ」の間で...。1

 この国の住まいづくりにおいて、省エネへの取り組みがなかなか進まないのはなぜだろうと言う事を、ずっと考えています。一度、現在の技術力をもって構築された超高性能な省エネ住宅を体感として感じて頂ければ、きっと後戻りできないという事を実感するのは自明のことなのですが、そういうレベルの住まいがまだ国内に少ないと言う事は最初に浮かぶ理由なのかもしれません。つまり皆さんには未知の世界。ドイツ国際パッシブハウス研究所が然るべき性能であると認定した住まいは全国に20棟余り、年に一度、11月に行われるパッシブハウスDAYでの見学会など啓蒙活動が行われていますが、それにしてもこの国の住まいづくり全体に与える影響はまだまだ小さいと言わざるを得ないのです。私たちが取り組んだ国内3棟目の「福岡パッシブハウス」から9年が経ちますが、現状はどう変わったのでしょうか。

 近年、地球温暖化問題がにわかに叫ばれ始めて、住まいづくりも省エネ化に向けて気運は高まってきていると言えます。ただ、国内の状態を見ると裾野は広がり威勢は良いもののなかなか実態が伴っていない感じが否めないのです。先進のEU諸国はすでに新築に関してはパッシブハウスレベルの義務化が進んでいると言うのに、国内では省エネレベルの義務化すらまだなく、言葉だけが先走りして混乱すらしています。性能の一部だけを切り取ってあたかもそれが絶対であるような表現で喧伝するメーカーが馬鹿売れしていたり、30年この方、将来を見据えて省エネ住宅の普及を進めてきた私たちからすればいささか歪みすら感じてしまう現状を考えてみたいと思います。

 今回は、「我慢」というキーワードで考えてみたい。日本人は昔から辛抱強い国民性だと言われます。戦後の焼け野原からの復興を僅かな時間でなし得たのも、そう言う国民性と弛まない努力の賜物だと言えるかもしれません。ただ、その「我慢」が時として慣れっこになってしまって皆さんが損をしているとしたらどうでしょうか。今回はそんなお話です。(つづく)

JUGEMテーマ:建築

◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村

※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

 ←ここも!ここも!

| 住まいづくりのヒント | 07:33 | comments(0) | - |
コメント
コメントする