CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SEO対策
解析
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
CATEGORIES
<< まずは座って、ゆーっくり考えよう。4 | main | 「スカスカな家だから換気できている」はまちがい。 1 >>
まずは座って、ゆーっくり考えよう。5

 この稿の最後です。日々感染者数の発表が増えて、感染拡大が報じられる毎日に、気がめいってしまいますが、今の状況はこれまでの海外報道と照らし合わせてみれば想像はできた事で、むしろここまで数字が押さえられてきたことの方が、作為的な手が加えられていたと見た方がまともに感じられます。今は、少し冷静になって、過信せず、出来る事で自己防衛しなければならない時だと思います。パニックにならずに、「冷静に恐れる」という表現が一番似つかわしいでしょうか。

 さて、これから少し長期戦で、自宅にいて、不要不急の外出を避けると言う日々が続くのではないかと思います。世の中全体の動きが減速して、生産力も落ちていく。そんな中で、私たちの暮らしを下支えする住まいは、極力私たちを守ってくれなければなりません。こんな時だから本当にヒシヒシとそれを感じますが、災害時に地域の体育館の方が安全と言う方法論は今回は通用しないのです。

 私たちを守ってくれるための住まいは、前後80年作り続けられているスクラップアンドビルドの申し子のようなハリボテ住宅ではない事は自明です。例えばエネルギー供給が断続的に止まった時に、瞬時に干上がってしまうような持久力では厳しすぎる。しばらくは、室温キープをしてくれる性能が必要だと言う事になります。私たちが常にお話ししている快適性は、コテコテのメカニカルな高性能ではなく、いわゆる建築物理に根ざした当然の性能を重視しています。それはすなわち非常時は自給率になっていくと言う事です。人生100年時代と言われる現代、20年しかもたない家では余りにも悲しすぎます。また家族と一緒にいる時間が長い今こそ、本当に住まいに必要な機能や間取りあり方を再考するには絶好の機会だと言えるかもしれません。貧な時だから考える事が出来る、本当の住まいを構築してみたいと思いませんか?幸いな事に、考える時間はたっぷりあります。まずは座って、ゆーっくり考えてみましょう。暮らしと住まいをゆっくり再考してみませんか?(おわり)

◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村

※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

 ←

| 住まいづくりのヒント | 07:42 | comments(0) | - |
コメント
コメントする