CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SEO対策
解析
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 「スカスカな家だから換気できている」はまちがい。 3 | main | 「スカスカな家だから換気できている」はまちがい。 5 >>
「スカスカな家だから換気できている」はまちがい。 4

 さて、機械的な換気をうまくやるためには、住まいの気密性能が必要で、これは昨今、騒がれている「密閉空間」という概念とは全く違う意味を持っていると言う事が少しわかって頂けたかもしれません。昔のように野中の一軒家のような建てようだった時代には、全ての窓を全開して、あとは風任せの自然換気でもよかったのですが、お隣さんとひしめき合うように建てられる今の時代の家ではそれもなかなか有効には働きません。それでしっかりと室内の空気を入れ替えるための方法として、17年前に機械式の換気システムの導入が法律で義務づけられたのですが、ここまで読まれた方はお分かりのように、この機械式の換気システムがしっかり機能するためには、空気の流れるルート、つまり出口と入り口がしっかりと定まっている必要があるために、ルートの途中に余計な穴や隙間がないように気密性能を確保するという必要があるのです。「換気するために、隙間を塞ぐ」という言い方になるのが難しいのですが、色々な換気システムの方法で、入り口や出口にファンを付けて、空気を吐き出したり押し入れたりしながら、空気の入れ替えを即するのですが、想定した入り口と出口から上手く出入りするためには、それ以外の余計な部分から出入りしないようにする事が必要な訳です。これまでのストローのお話しはこの部分の説明です。つまり換気には、「気密性能」が大変重要なのですが、この国の建築の基準では、何故か気密性能に関しては余り積極的に基準を定められた事がありません。国の基準には今もその部分は抜け落ちているのですが、これは作り手側の都合と言うか、性能担保が現場の施工性能に完全に委ねられてしまう事と、全戸一つ一つ計測していく以外その性能を担保できない事から来ているのかもしれません。気密性能はC値(隙間相当面積)という値で表現されますが、これはあくまで各戸固有の値で、現場ごとに測定しなければ出てきません。当然の事ながら、弊社は一戸一戸気密測定検査を実施していますが、未だそれをやっていないビルダーも少なくありません。「換気」が出来ている家か否かの判断の初手は、まず全戸気密測定を行っているか否かと言う事になります。カタログの数値は言わば机上の空論で意味がありません。空気の淀む密閉空間にしないためには、住まいの気密性能を担保しなければならないと言う、一見あい矛盾するようなお話し、少しおわかり頂けたでしょうか?(つづく)

JUGEMテーマ:建築

◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村

※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

 ←ここも!ここも!

| 住まいづくりのヒント | 07:48 | comments(0) | - |
コメント
コメントする