建築YA「髭」のCOLUMN

福岡を中心に住まいづくりをする建築YAのコラム
住まいを創るということをもう一度考えたい。4
0

     近年私は、住まいを「新築」にのみで考えるだけではなく、あらゆる方法で考えるべきだということをお話しする機会が増えています。人口は減っていく、高齢化で生産力は落ちていく。数の上では既築の住宅が余っているのです。この期に及んでスクラップアンドビルドを繰り返していく道理はないのです。「新築」する正義について書きましたが、悪循環から一歩でも半歩でも抜けていく新築はあるとして、既築の住宅も何とか手直しをして活用していく必要があります。リフォーム、リノベーションと言う言葉が脚光を浴び始めていますが、これまでの発想のそれではいけません。かつての設備住設の更新と模様替え程度のリフォームは、住まいの寿命を延命させる事にはなりませんし、暮らしそのものが快適に改善する訳でもなく、中途半端なリフォームは建物そのものの寿命を縮めてしまう事もあります。環境負荷を考えても、省エネに暮らす術を導入できるリノベをするべきなのです。私は「レトロフィット」と言う言葉を大切に思い、それをひろめたいと思っています。もともとは機械や自動車業界の言葉らしいのですが、既存の古い何かにパーツを付加していく事によって、古いものに新機能が加わり、より良くなると言う意味のようです。ドイツのパッシブハウス研究所ではじめて知った言葉ですが、「リニューアル」とは違い「レトロ」古い者が基準である事が凄く好きです。誤摩化して新しく見せるのではなくて、古き良きものを現代版に仕立て直すと言った感じでしょうか。これからは大いにそれをやっていくべきだと思うのです。既築の住宅をかなりこれで再生し、どうしようもないものから更新していく。一戸一戸は個人のものですが、社会を俯瞰で見た場合、この国にはそういう視点がきっと必要になってくるのです。(つづく)

    JUGEMテーマ:建築

    ◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

    にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
    にほんブログ村

    ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

     ←ここも!ここも!

    | 住まいづくりのヒント | 07:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
    住まいを創るということをもう一度考えたい。3
    0

       このところの異常気象と災害の頻発を考えても、私たちを取り巻く環境はかなり危機的であると理解した方が良いのではないでしょうか。その事自体を否定する方は随分少なくなりました。日本ではまだまだ意識が低いですが、環境破壊による地球温暖化は確実に私たちの回りを激変させ始めています。ではなぜ今の状況から抜け出せないかというお話なのですがきっと、右肩上がりにいかなければ困ると信じ込んでしまっている「経済」と言う物差しが邪魔しているのだと思います。私たちはもう少し謙虚にならなければならない。傍若無人にスクラップアンドビルドを繰り返し、天然資源を無尽蔵に運び、消費するということから、そろそろ足を洗うべきだと思ったりします。住まいづくりを生業とする我々が、「新築」を手がけると言う事は、もうどうにもこうにも維持する事が出来ない状態の住まいに替わる正義が必要です。そして、長持ちして、次の更新の日まで、しっかりと住まい手とともに快適を担保して環境負荷を与えない設えの住まいである正義が必要です。さて、今建てられている住まいのどれくらいがその覚悟をもって建てられた住まいに値するでしょうか。

       こんな事を書けば、たかだか一棟の木造住宅の事と思われるかもしれませんが、その一棟の建てては壊しがこの70年余り続けられてきているのです、スクラップアンドビルドは、何となく、日本の家族も、暮らしも、コミュニティーも、すべてを劇的に変えてきました。この先もこれを続けるのか、今、歯止めをかけるのかが、その一棟から始るのです。(つづく)

      JUGEMテーマ:建築

      ◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

      にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
      にほんブログ村

      ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

       ←ここも!ここも!

      | 住まいづくりのヒント | 07:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
      住まいを創るということをもう一度考えたい。2
      0

         豊富な森林資源に恵まれたこの国であっても、本来の木材の使われ方は、もっともっと長い時間スパンで考えられるべきだと思います。植林して、更新できる材料が育つまで、少なくとも今の建物は維持できなければなりません。持続可能なサイクルを考えていけば、実はそれが、本来の使われ方だと言えないでしょうか。ただ、それでは今の経済という物差しには間尺が合わないらしいのです。だから、建物のパーツの更新などと言う事を意識せずに、20年もすれば、建てては壊しなのです。まず、つくり手である私たちが、ここをしっかり意識する事が一番なのではないでしょうか。私は最近よく、本当に新築して良いかという自問自答をしている事があります。人口が減り、これから住まいは余っていきます。そんな中で、あえて新築する正義があるのだろうかと考えます。このためらいを、払拭する者でなければ、建ててはいけないのではないかと思ったりします。例えば、105ミリ角の柱一本を芯取りでとる丸太に育てるのに、50年くらい掛かると聴いた事があります。であれば、木材の事を考えれば住まいは50年以上は住み続けなければ、次の材料の更新がままなりません。私たちがもし、新築の住まいを建てるのであれば、この意識をして、他所から木材を調達しないでもよい地域木材の活用とリサイクルを確立していけば良いのだと思います。「新築」する事にためらいを持ち込まない為には、材料が更新可能なサイクルでの使われ方をする住まいにしていかなければなりません。

         もし、数余りのこの状態で、あえて住まいを新築する理由があるとすれば、スクラップアンドビルドの悪しきルーティンから抜け出す為の一棟しか建ててはいけないのです。(つづく)

        JUGEMテーマ:建築

        ◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

        にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
        にほんブログ村

        ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

         ←ここも!ここも!

        | 住まいづくりのヒント | 04:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
        住まいを創るということをもう一度考えたい。1
        0

           住まいを新しく「新築」するという、太古の昔から繰り返されてきた人の営みを、自分の生業としている者の一人として、この国の戦後のスクラップアンドビルドに対して、些かでも抵抗したいと言う思いがずっとあります。

           これからそれが続いて良いとも思いませんし、続ける事が出来るとも思いません。本来、日本人が持っていた感覚とも少しズレがあるスクラップアンドビルドの感覚が、いつの間にか余りためらいもなく根付いてしまっている現状を、その根底から少し修正しなければならないのだと思いますが、一度根付いたものの払拭はなかなか難しいものもあります。戦後の焼け野原は、土建立国として華々しく経済成長する舞台としては非常に都合が良かった訳ですが、狭い国土を今日までいじり倒した結果として、飽和している都市部を再び壊しては建てると言う感じで更新していく事で、回っている経済を維持しようという流れは一個人ではなかなか修正など出来るものでもなく、実は草の根的にこの感覚を変えていきたいと思っています。

           日本人は、そもそも四季の移ろいを感じ取りながら、自然に抗わずに手近に豊富にある草木を使い、思いの場所にささやかな庵を結び、儚い人の一生という与えられた僅かな時間を、きっとそれなりに愉しんで生きてきました。それは、ほったて柱で草葺きで、西洋の石造りの建築からすれば、一見とてつもなく貧相なものに見えるかも知れません。ただ、それは石に憧れて技術や財力が乏しくて創れなかった訳でなく、むしろ逆で、ギリシャ・ローマの神殿建築が植物に憧れて模した彫刻をオーダー(様式)としている事から見ても、本当はこの国の方が、豊富な森林資源によるより贅沢な選択だったと言えるのかもしれないのです。ただ、豊富な森林資源に抱かれているが故に、むしろ頓着なく周りの材料を豊富に使い、臨機応変に建てては更新する感覚が、いつしか、環境循環や自然共生という感覚からは大きくずれてしまうスクラップアンドビルドにすり替わってしまったと言うのが近代のこの国の私の見立てです。余り罪悪感がないのはそこからではないかと思ったりします。

           一元的な、しかも短期間の「経済」という物差しは、ここでも私たちの感覚を狂わせてしまっています。新しい発想ではなく、むしろ戻せば良いのだと思うのです。(つづく)

          JUGEMテーマ:建築

          ◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

          にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
          にほんブログ村

          ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

           ←ここも!ここも!

          | 住まいづくりのヒント | 07:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
          長雨の中で...。
          0

             台風7号が行き過ぎたと思ったら、停滞する活発な梅雨前線の影響で、日本列島は未だかつて経験した事がない雨量を経験しています。昼夜問わず、同じ勢いでこんなに降り続いたのは本当にはじめてで、捌けていくよりも落ちてくる雨が多いのですから、次第に被害が広がっています。福岡は今朝は少し小康状態となりましたが、各地で被害に合われている皆様には、心からお見舞いを申し上げます。

             こう考えてみると、日本と言う国は自然災害が極めて多い国ですね。地震・台風・差して今回のような集中豪雨。年々気候も荒々しくなっているようで、急に降る豪雪など私たちの暮らしに掛かってくる負荷は尋常ではありません。暮らしが寸断され、命さえも危険にさらされる自然災害に対して、私たちはどのように対峙していかなければならないのでしょうか。西洋的な発想では、すべてを克服する、より強いもので対抗すると言う事になるのですが、日本人の感覚としてはそれだけではなく、柳のごとく柔軟に抗わずにという発想も何処か持ち合わせています。災害が起きる度に業界は対策を強化するのですが、それはとても良い事ですが、その為に消費者のコスト増を強いて負担を増やすようでは、これはこれで本末転倒です。ベストミックスの発想でより安心できる住まいを創りたいなと、いつも思います。今回の長雨でも、「雨風凌ぐ」の基準レベルを少し上げなければならないのではないかと思ったりします。昨日、竣工したばかりの現場に急行して少し雨対策を剣使用しましたが、ご主人様から玄関ポーチの広さをお褒め頂きました。性能や強度も当然の事ながら、設えとしての対策も効果があると実感した瞬間でした。自然災害に100%対抗する事は、きっと叶いませんが、こういう事があるごとに、自分の仕事を見つめる日々です。

            JUGEMテーマ:建築

            ◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

            にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
            にほんブログ村

            ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

             ←ここも!ここも!

            | 住まいづくりのヒント | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
            「そこに愛はあるんか!」かぁ。5
            0

               「ここに愛はあるんか?」今は逆に、そんな事を口走れば、「何を青臭い事を言ってんだ、要は利益率だ、売り上げだ」と言われる時代がまだ続いているのかもしれません。高度成長期からバブル、そしてその後も、何となくそういう風潮はこの国の主流として巾を利かせてき続けてきたのかもしれません。一時期は、その経済を武器にして、世界のトップにまで上り詰めようとしたのですから、当時の頑張った世代やその事自体を否定するつもりも毛頭ありません。ただ、今の一国のトップの首相のコメントを聴いても、「経済、経済、株価が高いから文句ないでしょ」と言わんばかりの発言が多く、「国民のための経済」が、いつしか「経済のためには国民の犠牲も厭いません」的な傾向もなきにしもあらずなのが、もはやこの物差しは劣化して、すでに使えなくなってしまっているのではないかと思わざるを得ないのです。「健康の為に、命も厭いません」なんてのは洒落になりません。命あっての健康です。そこに国民があるのだから、すべては国民の幸福のため。そのためのみに、経済もあるべきです。私たちひとりひとりが、幸福になる為の価値観に、色々な事を少しずつでも切り替えていかなければならないのだと思います。「ここに愛はあるんか?」私は自問自答しながら、日々の生業に向かいたいと思います。(おわり)

              ◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

              にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
              にほんブログ村

              ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

               ←ここも!ここも!

              | - | 07:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
              「そこに愛はあるんか!」かぁ。4
              0

                 人口が減り、高齢化が進み、この国の国力はどう考えてもこれから少しずつ後退していくことは自明の事です。消費に裏付けられた貨幣価値という物差しは、膨張し続けなければ決して耳障りの良い話にはなりません。ましてや後退などと言ってしまえば、世の末のような感覚ですから、今の価値観の人々は、減速を必死に隠し、やれオリンピックだ万博だと喧伝し、それに伴う「好景気が来るのだ」、「いや、もう来ている」と言い続けているしかないのかもしれません。ただ、すでに実を伴っているでしょうか。私は、ただ悲観的な意味ではなく、全体のヴォリウムの縮小と減速を素直に認めなければ、真実は何も始らないといつも思います。

                 全体のパイが減るのですから、縮小も減速も本当は怖くありません。ただ、消費を見込み、実を越えて「需要と供給」をでっちあげる事が難しくなるのは事実だと思います。つまり、あぶくのようなバブル経済は、限りなく実を伴うヴォリウムまで収縮します。そこで、今の貨幣価値と言う物差しは、今までのように強力な尺度であり続けるでしょうか。私は、消費者金融のCMであったことは期待はずれでしたが、真顔で「ここに愛はあるんか?」という問いが、始るのではないかと思っているのです。これからは、何個いくらで売ったではなくて、誰に何を売ったか、そしてその人はどうなったかが大切になるのだと思うのです。(つづく)

                JUGEMテーマ:建築

                ◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

                にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
                にほんブログ村

                ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

                 ←ここも!ここも!

                | 住まいづくりのヒント | 07:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
                「そこに愛はあるんか!」かぁ。3
                0

                   考えてみれば、人の一生などと言うものは極めて短いもので、最近つくづく思いますが、何が出来るかと言っても本当に僅かなことしか出来ません。他人様には過大評価も多少評価も出来ますから、なんとでも盛ったり減らしたりできますが、自分自身には嘘がつけません。そう考えると我が身の幸福を素直に考えても、およそ生業と決めたからには、それこそ自分の出来うる範囲で愛を込めてやるしかないのですが、これが目先の損得勘定が先に立つと、しばしば揺らいでしまうのかもしれません。実に、世の中の価値観が、上から下まですべて目先の損得勘定では生きいていても空しいばかりですが、ずっと続いている世の中のこの貨幣価値一辺倒の価値観から、もうそろそろ大転換の時期が来ているようにも思えるのです。CMの「ここに愛はあるんか?」という言葉は、一瞬、「よっ!待ってました!」と言いたいひと言でした。最近旧知の心あるお仲間とお話しするとそんな話題ばかりです。しかし、それが消費者金融のCMだとわかると、浮き足立った自分が少し空しく思えました。ただ、今のところ、世の中そんなことばかりです。「愛」などという大切な言葉ですら、そんな風に薄っぺらい使い方をされる時代です。価値観を共有できる人同士で、ただただめげずに、真摯に向かっていかなければならないのだと思います。SNSがここまで普及して、人と人の出会いも一気に無限に広がる時代になりましたが、だからこそ、逆に本当の出会いは、その中でも僅かだと知らなければならないのかもしれません。いずれにしても真贋を見極める必要が大切な時代かも知れません。(つづく)

                  JUGEMテーマ:建築

                  ◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

                  にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
                  にほんブログ村

                  ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

                   ←ここも!ここも!

                  | 住まいづくりのヒント | 07:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  「そこに愛はあるんか!」かぁ。2
                  0

                     例えば、世の中は、空前のエコハウスブームです。様々な住宅関連のソースで、これからは断熱・気密をした高性能住宅と省エネ、創エネが住まいづくりの鍵だと喧伝されている。悪いことではないのですが、果たしてその全てが、愛に溢れているものなのかと思ってしまう。30年もこんな業界にいると、色々なことも見えてきますが、ずっと変わらないことを言ったりやったりしている人は、やはりずっと変わらないのです。急速に、勝ち馬に乗ろうとアクセルを吹かす人には、少しばかり注意が必要かもしれません。流行は消費されるもの。そもそも住まいは、消費の対象にするほど短いスパンで構築するものではないのです。住まいづくりをしていれば、自ずと住まい手の暮らしを見据えれば、少しでも省エネにすることは住まい手への愛として当然ですし、その為の工夫は耐久性を上げることや、安全性を高めることと同じで常に我々は追い求めていくべきことのひとつに過ぎないなのです。にわかにアクセルを吹かす人のすべてが眉唾だと言うのではありません。でもそういう時は、少し俯瞰で眺めている必要はあるかもしれません。少なくとも、同じ事を何十年もやっている我々からすれば、今の流れはここ5、6年です。先日から、もう何十年とお付き合いがある方達と旧交を温める機会が何度かありましたが、虚と実が入り交じった現状に、やはり同じ危惧の念はどなたにもありました。流行に背を向けて、私たちは淡々と思いを、いわゆる愛のこもった仕事をし続けていかなければならないのですが、その真贋を一般の方だけに委ねていて良いのかが問題です。(つづく)

                    JUGEMテーマ:建築

                    ◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

                    にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
                    にほんブログ村

                    ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

                     ←ここも!ここも!

                    | 住まいづくりのヒント | 07:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    「そこに愛はあるんか!」かぁ。1
                    0

                       先日、たまたまとあるCMに釘付けになってしまった。女優大地真央さん演じる老舗料亭の女将が、奥座敷て板長を前に「そこに愛はあるんか?」とビシっと言い放つシーンに「凄いこと言うなあ」と振り返りました。どんなCMかと思ったら、どうやら消費者金融会社のCMで、社名の「アイ◯◯」という前二文字にかけた駄洒落のようです。在らぬ期待をしてしまった自分にガッカリの感じでしたが、ただよく考えると、こういう感覚はこの瞬間のみならず、あらゆる「もの」「こと」がまさにこんな感じで、事の本質を語っているようで実は薄っぺらく、損得勘定のオンパレードで実が伴わないことに溢れていて、近頃は本物と偽物を見極めながら暮らすのが本当に困難な時代だなと思ったりします。

                       混迷を深めるこの社会の現状にあって、「そこに愛はあるんか?」と言う問いかけは、日々私たちの日常にも投げかけられているような気がしてならないのです。衣・食・住あらゆる分野のお仕事に従事している人にとっても、まずもって大切なことはそこではないでしょうか。一枚のシャツを創り出す人が、肌触りの良いように、汗の吸収が良いように、動きやすいようにと丹誠込めるのもその「もの」と、ものの先にある使い手への愛ですし、安心安全な食材を供給しようとする生産者、それを少しでも美味しくと思い調理する人が、それを口にする人への愛情を惜しみなくそそぐのも愛だと思います。我々が、住まい手はもとより、通りを歩いてその住まいを見かける人、あるいは創り上げるまでに現場に従事する人々へそそぐのもまさに愛情であり、すべてはそれが起点になります。

                       ただ、近頃どうもそういう当り前の事では済まないものが巷に溢れている。それを少し心配しているのです。(つづく)

                      JUGEMテーマ:建築

                      ◆↓読まれたらココをポチッとお願いします!

                      にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
                      にほんブログ村

                      ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

                       ←ここも!ここも!

                      | 住まいづくりのヒント | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>
                      ホームページは↓ココをクリック!!
                      ランキング投票クリックよろしく!!
                      ブログランキング・にほんブログ村へ
                      人気ブログランキング【ブログの殿堂】

                      SEO対策
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      にほんブログ村
                      解析
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE