建築YA「髭」のCOLUMN

福岡を中心に住まいづくりをする建築YAのコラム
梅雨を快適にすごせてますか? 2
0

     皆さん良く御存知の「夏旨(なつむね)」などと呼ばれている吉田兼好法師の徒然草にある「住まいは夏を旨とすべし」は要するに風通し良く、夏向きに家づくりをするべきだと言う表現です。私も専門教育では、日本の住まいのあり方の原点として教えられました。決して間違いではないし、当時兼好法師は、うだる夏の京都にいました。私も京都に暮らした事がありますが、京都盆地の夏はそれは厳しいものです。ただ、その一行のあとに「冬は何とかなる」と書いているのです。つまり、不快きわまりない夏の京都に暮らした兼好法師が、究極の選択を吐露した一行だと言う事が出来ます。現代の世の中にあって、それをそのまま引用しなくても、今は除湿も出来ます。温度コントロールも出来ます。不快きわまりない話ではなくて、快適を求める話をしなければならないのです。兎角そんなことを言うと、昔は大工さんに刃物をもって追いかけられました。日本の住まいを馬鹿にしていると。それくらい、この台詞は業界に重い影を落としています。まさか法師ご自身も、こんなに日本の住まいのあり方に影響してしまうなどとは思ってもみなかったかもしれませんが、1330年と言われますから700年近く後の世でここまで影響しているとはすごい事だと思います。冒頭で書いたように、梅雨の空気中の水蒸気が飽和に近い状態で、人間が発汗してもなかなか汗が乾いてくれずに体温を下げていく機能がバランスを崩していく。寝苦しい、鬱陶しい、集中できない…となるのです。現代版の「夏旨」は、暑さと寒さのどちらを先に緩和するかの究極の選択ではなくて、どちらも緩和する方法へ行きたいと思います。(つづく)

    JUGEMテーマ:建築

    ◆読まれたらココをポチッとお願いします!→にほんブログ村 デザインブログへ ←ここですよ!

    ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

     ←ここも!ここも!

    | 住まいづくりのヒント | 06:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
    梅雨を快適にすごせてますか? 1
    0

       福岡は、入梅の宣言をして以降余り雨も降らず、割と過ごしやすい日が続いております。とは言っても、外気の湿度は温度が下がった夕方以降でも80%以上もあり、私たちの快適ゾーンとは言いにくい状況です。湿度が高いと何故不快かと言えば、私たちは自ら代謝の一環として発熱と水分の排泄をしています。呼気とともに、身体の皮膚の汗腺から、汗をかきその汗が大気に蒸発することで体温を下げて一定体温をキープしています。改めて考えると、人間は36.5℃くらいの温度帯で生きていて、前提として外気温がその体温より低い事で外に温度を出す事が出来ます。このバランスで生きているのであって、バランスが崩れると不快だと言う事になります。スポーツをして水分補給を良くしろと言われるのは発汗が何時もより増えて水分不足になりがちになるからです。さて、この時期、外気の湿度が80%を越えると言う事は、空気の中に抱えられる水の量がすでに8割を越えていると言う事ですから、あと2割しか空気の中には期入っていかない。そのせめぎ合いがあるのです。いくら汗をダラダラとかいても、蒸発してくれなければ熱を積極的にとってくれません。何だかべたべたとした空気がまとわりつくようだと言う表現は、こんなところから来るのです。人間の身体と言うものは本当に繊細なバランスの元に成り立っていて、梅雨の時期、そこにいつもと違う負荷がかかると考えた方が良いのです。

      JUGEMテーマ:社会の出来事

      ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

       ←ここも!ここも!

      | 住まいづくりのヒント | 07:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
      ジメジメの梅雨をどう乗り切るか。5
      0

         さて、今回こんな原稿を書いていると、事務所のFMラジオから、ラジオショッピングの黄色い女性の声が聞こえてきました。「電気代が気になるし、健康のためにも余りエアコンは使いたくない!!」何何?と聴いていると、気化熱を利用した冷風扇のコマーシャルでした。電気代もかからないし、身体も不快ではないと言う訳です。これなんです。エアコンの冷房は電気を喰って健康に悪いという言葉の表現が、皆さんの腑にすっと落ちる。こういう感覚が一般的なのだと思います。確かに、そう言う感覚は間違いではありません。夏を旨とすべしの、断熱性能もなく、気密性能もない住まいでは、エアコンはいつまで運転しても温湿度の管理は出来ないし、電気代がいくらかかるか分からない。おまけに上下温度差で足元ばかりが冷えてしまい、頭はいつまでもボーッと暑く具合が悪くなりそうな冷房空間にしかならないのだからもっともなお話なのです。実感として効いているという感覚になるまで温度を冷やすと、身体には何とも不快な空間になってしまう。ただ、空調の前に、空間そのものの性能を整えればそんな空間とは全く別物の住まいが実現します。本意の空調は、暑い寒いを感じないちょうど良い温度に整える技術であって、身体が冷えてしまうほど温度を下げなくても快適でなければ嘘なんです。私が言うエアコンはそのために使います。それはすでに不可能な事ではなくて、単なる技術なのです。この技術が当たり前になり、住まいと言えばそう言う然るべき性能が当然の事実となれば、少し皆さんの感覚も変わってくるのかもしれません。私たちの住まいは、暖を取り冬をしのぐことから始まり、今度は溜まった熱を排して夏は涼しく暮らす知恵となり、湿度コントロールをするという進化を遂げていっています。この事を、早く一番的にしたいと思います。「今年は梅雨を忘れていた」というお客様の言葉を励みに、啓蒙していきたいと思います。(おわり)

        JUGEMテーマ:建築

        ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

         ←ここも!ここも!

        | 住まいづくりのヒント | 07:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
        ジメジメの梅雨をどう乗り切るか。4
        0

           小さなエアコンを持続運転して、除湿効果を使いながら快適に暮らす事が、結局は消費エネルギーを減らす事だと言う計算が成り立つ性能の住まいの構築は、もはや現実のものとなりつつあります。それが何となく自然に抗っているように感じたり、本当に快適なのだろうかと懐疑的に見えてしまったりするのは、性能に満たない住まいが多すぎる事と、これまで冷房に頼らない湿気のコントロールは一旦諦めたライフスタイルを続けてきた慣習に他なりません。順序として、コタツにファンヒーターの茶の間越冬型の住まいから、全館暖房の方がヒートショックが少ない事は随分認知され始めていて、そのためには断熱性能が大切だと言う事もかなり知られてきている事だと思います。例えば沿岸地域の(日本の都市部は殆どその範疇だそうです)エリアで、梅雨時の屋外の湿度は常時80%を越えている事もしばしばです。そんな外気をむやみに取り込んでは、室内の湿度は快適領域から大きく外れ、不快でたまりません。せめて帰宅してゆっくり過ごす室内くらいは、湿気のストレスから逃れても良いのではないでしょうか。無駄に電気を使う事を戒める精神は日本人の美徳ですが、実は本質的なところをとらえないともっと変な無駄をやっている事も多いのです。こんなふうに書いていくと、また何処かで「そんなことをしていくと人間が湿気に弱くなってしまう」などと聞こえてきそうです。笑。その辺りの台詞のさじ加減は非常に曖昧で、では何故私たちは着衣をするようになったか。自動車を使うようになったか。コンピューターを発明したかと言う話になってしまいます。太古の昔から、私たちは周辺環境を分析し、少しでも快適に暮らす知恵を使い続けています。むしろ湿気のストレスから開放されれば、また別の創造的なことにエネルギーを使える。明日のために鋭気を養えると考える方が得策だと思います。九州は暖かいからと、ろくな断熱もせずに案外灯油を大量に使って暖房をする。スカスカの家だから、風通しが良いと言いながら、6帖の一間ごとに壁掛けエアコンがついていると言う感覚から、早く抜け出せればと思います。(つづく)

          JUGEMテーマ:建築

          ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

           ←ここも!ここも!

          | 住まいづくりのヒント | 07:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
          ジメジメの梅雨をどう乗り切るか。3
          0

             九州では、心の何処か根底に「夏は暑いから、風通し良い家にしたい」という気持ちが根深く残っています。おまけに福岡は日本海型の気候で以外に晴天日も少ないから、「日当り良く」となるのです。決して間違いではないのですが、ただただそうすれば快適だったのは、例えば野中の一軒家。十分に風が通り、空気も新鮮で穏やかな気候だったころの名残と言ってしまうと乱暴でしょうか。今は軒をつき合わすほどに隣接して、おまけにお隣さんのエアコンの室外機がどんどん熱を屋外に出している時代です。牧歌的にその感覚にただ従って住まいを作ると言う事が快適な住まいだとは言いにくい時代になりました。その上で、エアコンと言う利器は、十分に活用して良いものだと思います。ヒートポンプの原理は、媒体を圧縮・膨張させることで熱をとったり下げたりできます。現実的にはこの媒体を圧縮・膨張させるためのポンプに電力を使っているわけで、電気を熱にかえると言ういわゆる生焚きはやっていません。そう言う原理からエネルギー効率はすこぶる良い機器となります。一方生焚きという言い方でいえば、ニクロム線が真っ赤になる電気ストーブはまさに貴重な電気を非効率に熱に変えているもので、意識の中ではエアコンよりも罪悪感がないのですが、実情はスポットで使う電気ストーブの方がよほど効率が悪いのです。意識とはキャップがありませんか?ここを少し切り替えていかないと快適な暮らしはなかなか進みません。「暖房は仕方ないけど、冷房は贅沢」そんな感覚が九州でもあると言う事を改善していきたいと思います。九州の高性能な住まいでは性能が上がるほどに、室内が安定してきて、断熱性能により先に暖房のエネルギーの方がゼロに近くなってきます。室内で人が暮らすと人体や家電により発熱しますから、冬はその発熱も暖房を助けます。逆に夏はこの発熱があるので、どんなに外界とシャットアウトしても、冷房は必要なのです。小さなエネルギーで暮らせる住まいほど、冷房を旨く使う必要があると言えるかもしれません。(つづく)

            JUGEMテーマ:建築

            ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

             ←ここも!ここも!

            | 住まいづくりのヒント | 07:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
            ジメジメの梅雨をどう乗り切るか。2
            0

               さて、梅雨は何故鬱陶しいのでしょうか。関西以西では、湿気をかき分けて前に進むなどと言う表現が出てくるくらい、空気がどんより重く、不快なエリアがあります。福岡も日本海側の湿気を含んだ空気が北から吹くのでかなり過酷なエリアかも知れません。私たちは様々な温熱情報を身体で感知して暮らしていますが、複雑なセンサーが絡み合って快適か不快かを判断しています。「体感温度」というものを数値化する公式がありますが、ここには温度と湿度、そして風速を入力して導きだします。つまり湿気は重要な要素の一つなのです。温度計の指し示す数字がイコール私たちが感じている温度ではない事が事実としてそこにある訳だ、研究により快適領域(万人が快適に暮らせる温湿度の値)に室内をもってくる事が、ストレスのない住まいの構築に繋がります。

               昨晩データを取っている福岡の屋外は、日が落ちて少し温度は下がっていたものの湿度は80%もありました。これをそのまま室内に導けば快適である訳がありません。先週福岡で行われた近畿大学の岩前先生のセミナーでも、日が落ちて温度が下がったからと言ってむやみに窓を開けで取り込むのはかえって逆効果というお話がありました。高性能住宅になるほどに、まさにその通りで整った室内環境をかえって悪化させてしまうことを慣例でやってしまっている一つの例と言えるかもしれません。近代になって発明されたヒートポンプの原理で、人類は初めて熱交換による「空気の温度を下げる」と言う利器を手にしました。意外なようですが、これは本当に最近の事なのです。またこれが家電のクーラーとして世に広まったのも長い人類の歴史の中ではごくごく最近です。つまり、先進技術で高級な技術だと言う頭がどうしても離れません。エアコンを入れっぱなしにしてくださいなどというと「えー、もったいない」となりますが、案外そんなところに理由があるかもしれません。まさに私たちは進化の過程の中にありますが、この感覚と慣例的な考え方とのギャップを変えていかないと快適な梅雨はやってこないのです。(つづく)

              JUGEMテーマ:建築

              ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

               ←ここも!ここも!

              | 住まいづくりのヒント | 07:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
              ジメジメの梅雨をどう乗り切るか。1
              0

                 いよいよ九州も梅雨入りし、じめじめな季節の本番となりました。私たちが暮らす環境は、温度・湿度・それから風の強さなどで快適な度合いが随時変わっていくのですが、この季節のどんよりした、肌にまとわりつくような湿気は、どなたでも不快の象徴として共通の認識だと思います。特に関西以西では、この時期の過ごしやすさが冬の寒さと同様、住まいの快適性のバロメーターかもしれません。空気の単位体積あたり、水蒸気を抱えていられる量と言うのは絶対で、空気の温度によって、冷えれば体積が収縮するので水蒸気を抱えきれずに結露を起こすという事になります。住まいのそこここで結露を起こせば、それは腐朽菌やカビの巣窟となって不衛生ですし、建物も劣化するということになります。何れにしても、私たちはこの湿気を積極的にコントロールする術を近代まで持ち合わせていませんでした。兼好法師の「住まいは夏を旨とスべし」と言う言葉は、とにかく熱気と湿気が家の中に溜まったら、風が起き通風するような家にしておかなければ、蒸し暑くて溜まらないという経験値が言わせた台詞です。昨今はエアコンと言う利器をもっていますから、必ずしも他の不快感よりも優先して解決する事でもなくなってきました。つまり冬の寒さも、空気の鮮度を犠牲にしても夏向きのスカスカの家にしなければならないと言う定義も揺るいできている訳です。室町の京都のうだるような暑さの中のつぶやきだと理解しなければ、先に進みません。以前お年を召したご夫妻の住まいを建てさせていただいた時に、定期検査で奥様が「今年は梅雨を知らなかった」と喜ばれたのは印象的でした。梅雨をどう乗り切るかと言うお話です。(つづく)

                JUGEMテーマ:建築

                ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

                 ←ここも!ここも!

                | 住まいづくりのヒント | 06:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
                エコハウスってなんでしょうね。5
                0

                   さて、この稿の最後です。「エコハウス」と言う言葉が踊る昨今ですが、2020年の性能基準義務化に向けても一層この動きは活発になってくるのだと思われます。本来は「環境共生型住宅」とでもいいますか、エネルギー消費に留まらず、素材や仕様も含めた言葉でしょうが、昨今はエネルギー消費の少ない省エネ型の住宅の部分がピックアップされて使われている事が多いようです。言葉というものはしばしば流行に流されると劣化し、何時しか人々が振り向きもしなくなる憂き目に遭う事があります。「エコハウス」と言う言葉は私たちにすればそんな消費の対象ではないのですが、最近の風潮にはいささか不安を隠せないのです。一番残念なのは一過性の商売道具にされて、本来の意味合いとは違ったものを手に入れられた方が、醜聞を流す事で、「エコハウスといわれてもねぇ」という印象が広まる事が一番心配です。

                   然るべき性能が担保された「エコハウス」は創エネの前にまず省エネと言う分野で、これまでの住まいよりも格段に室内環境を快適にして消費エネルギーも少ない住まいです。そしてここで間違ってはいけないのは、2020年の義務基準はこの性能を担保するものでは決してないと言う事。「高断熱高気密住宅に移ったけど光熱費が高い」というのはこういう誤解から伺える現象です。また、省エネの前に創エネ、つまり太陽光発電に頼りすぎては「パネルが壊れればただの家」と言う事になります。電力買い取り価格の単価もこれから益々目減りしますので、エネルギーを金銭感覚だけで考えるのは「エコ・省エネ」を考えるのに間違いを生じます。ただ、逆の言い方をすれば本当の「エコハウス」は確実にそれまでの住まいよりもコストパフォーマンスに優れています。弊社の最近の実証性能で言えば平均的な仕様で建てられたお客様は家族4人で30坪台半ばのオール電化のお住まいですが、春の光熱費(家電・照明・空調・給湯・調理)が¥6000円程度。屋根の発電パネルの創エネと相殺すると¥10,000-程度の黒字となっています。ここで、忘れてはならないのは、この住まいがヒートショックのない隅々まで四季を通して快適な住まいであるという事です。本当の「エコハウス」は、エネルギー消費が格段に少ない上で、私たち人間にも優しく、快適であるということです。本来であれば、住まいの当然の進化過程だと思いますから、ことさらに名前をつけなくてもこれから先建てられていく住まいの「基本」でありたいと思います。(おわり)

                  JUGEMテーマ:建築

                  ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

                   ←ここも!ここも!

                  | 住まいづくりのヒント | 11:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  エコハウスってなんでしょうね。3
                  0

                     さて、2020年から始る住宅の熱性能の義務基準が、ようやくこれまでより住人の健康リスクが減る程度のものであるという事はお分かりいただいたと思います。何故もっと性能を上げなければならないか。これまでも、しばしば話題になるのですが、「高断熱高気密の住まいは以前の住まいよりも省エネか?」と問われれば、私はYESとためらわずにお答えできます。これから始る基準は、まさにその手法をもってクリアしていく基準になります。ただ、ここからが大事で、「高断熱高気密住宅に住み始めたが、逆に以前より光熱費が上がった」というお話は決して少なくありません。何だか裏切られた気分になる。そんな危険がそこに潜んでいます。これはまさに私がここでお話ししている事とリンクするのですが、結論から言うと、義務基準程度での高断熱高気密では、光熱費が減るような皆さんが実感を伴う省エネ性能ではないのです。確かに、単位面積あたりのエネルギー消費は格段に減ります。ただここがポイントです。それまで、到底効く筈もないから、茶の間一つを閉め切ってファンヒーター一台で寒さをしのいでいたご家族があるとしましょうか。このご家族が、快適な全室暖房、すなわち住まいの隅々まで一定の温度が可能な高断熱高気密住宅に引っ越せば、自ずと全室暖房をし始めます。6帖の茶の間一つが3坪とすれば、例えば30坪の家だとしても、単純に全館暖房をすれば面積が10倍が対象になります。単位面積あたりの必要なエネルギーが1/10になってやっとトントンなのです。それには、義務基準では到底足りない。これまでの一般的な高断熱高気密住宅と呼ばれる住まいのレベルでもそうなるのです。

                     物差しの一つとして、HEAT20という研究者や建材メーカーなどがつくる機関が出しているG1,G2という住まいの省エネ性能グレードがありますが、この義務基準よりワンランク上のG1にして30%増、さらに上のG2グレードにしてやっと±0の冷暖房エネルギーだというのです。つまり、G2を越えてきて漸く経済的にもお得感が出てくる。住人は、そこでやっとお得感を味わえるようになるのです。(つづく)

                    JUGEMテーマ:建築

                    ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

                     ←ここも!ここも!

                    | 住まいづくりのヒント | 06:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    エコハウスってなんでしょうね。2
                    0

                       ご存知の通り、2020年に省エネに関する法律改正の施行で全ての新築の住宅も省エネ性能が義務化されます。まあ、今までそういう義務基準が一切なかったのもすごいお話なのですが、とにかくあと3年で、一定の省エネ基準の建物しか建てられなくなるのですが、実はこれが私などに言わせれば少し懸念を要する事態なのです。急激な人口減少と現実を伴わない高揚感のない経済状況の中、確実に住宅の着工件数は年々減少していっています。業界は何とか少しでも自分に水を引きたいと躍起ですが、そこで使われるのがこの「エコハウス」という言葉のような気がして仕方ないのです。猫も杓子も「エコハウス」を連呼すれば、日本の住まいがみんなエコハウスになって良かったねー、という簡単な話ではありません。お上の地位のある面々が自分の所作は違法ではないと日々閣議決定する馬鹿げたモラルのはびこる国です。果たして楽観視できるかと思えば不安を禁じ得ません。ボーダーラインを設けると、そのギリギリのものまでが、大腕を振って「エコハウス」を語り始める。法律スレスレでも通っていれば省エネ、そんな筈はないのですが、そういう風潮形成すら心配されるのです。3年後に基準は、いつもながら方々に気を使った最低限の基準なのです。

                       義務化される基準は、住まいの中でヒートショックで死なない程度。危険な家が、安全と言うか、危険な家でなくなる程度だと理解すれば良いのかもしれません。省エネ基準は、少しでも省エネに貢献する方向への導きで「エコハウス」などと言う性能にはまだまだ遠い道のりなのです。この3年後が確定しているにもかかわらず、この事を一切語らずにいまだ儀純にすら見たいな性能の家が量産されている現実は業界のモラルを問われる事態ですが、これから住まいを建てようとする方達にしっかりと事実を伝えていく必要があると思わないではいられません。(つづく)

                      JUGEMテーマ:建築

                      ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

                       ←ここも!ここも!

                      | 住まいづくりのヒント | 07:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>
                      ホームページは↓ココをクリック!!
                      ランキング投票クリックよろしく!!
                      ブログランキング・にほんブログ村へ
                      人気ブログランキング【ブログの殿堂】

                      SEO対策
                      PR
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      にほんブログ村
                      解析
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE