建築YA「髭」のCOLUMN

福岡を中心に住まいづくりをする建築YAのコラム
「糸島の終の住処」完成10【主寝室】
0

     2階の南面は、動線の一番奥になりますが、その部分が主寝室のスペースとなります。PC用のデスクトップカウンターとご主人の蔵書のための書架を沢山用意しました。また、2階に寝室がある場合は、弊社は必ずウッドバルコニーを配置します。日本人は、お布団を干したくなるためです。2階の寝室でも戸外に出るスペースがあるというのは案外快適な者です。カウンターの障子はリビングの吹き抜けが見下ろせる内部空間の窓になっています。(つづく)

    JUGEMテーマ:建築

    ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

     ←ここも!ここも!

    | 住まいづくり報告 | 06:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
    「糸島の終の住処」完成9【水回り】
    0

       N邸の洗面コーナー。奥様のご希望で極めてシンプルなモノで構わないということで、所謂、実験流しを木製カウンターに落とし込むだけと言う設えに落ちつきました。手前側には手すりとタオル掛けを兼用できるようなものというご所望なのでステンレスの手すりバーを取り付けました。やってみると極めて自然です。弊社の仕事では、通常どんなにコンパクトな住まいの場合も、洗面コーナーは所謂、浴室についている脱衣室からは外に出し、ゲストも使用すると言う前提からプライベートゾーンからは外に出すと言うことをやっています。来訪者がお茶の前に、ちょっと手を洗わせてと言われることはしばしばで、その際洗濯機横の洗面ブースに誘うのは何となく気が引けるものです。そう言う理由から、洗面コーナーは脱衣空間とトイレとの接点にプランすることが多いのです。様々なくらしのパターンがありますから、一概には言えませんが、くらしのパターンに寄り添う間取りでありたいと思います。こういう設えが、角度を変えたり、物陰にあったりと建具でなるべく仕切らない形で展開されていくのです。(つづく)

      JUGEMテーマ:建築

      ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

       ←ここも!ここも!

      | 住まいづくり報告 | 08:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
      「糸島の終の住処」完成8【ダイニング】
      0

         リビングに続くように奥にはダイニングがあります。ここにテーブルを置き、テーブル位置の真上に配線ダクトからお好みのコードペンをおろせば、ご夫妻の食卓となります。向かって右側が半クローズのキッチン。壁のニッチは奥様のアイデアでのアドリブとなりました。左側が南面になりますが、床の高さのままウッドデッキに出ることが出来ます。大きく吹き抜けたリビング続きではありますが、少し落ちついて食卓を囲める設えとしました。(つづく)

        JUGEMテーマ:建築

        ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑
         ←ここも!ここも!
        | 住まいづくり報告 | 07:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
        「糸島の終の住処」完成7【リビング】
        0

           リビングに入り、見返ればN邸の立体的な空間構成が一目で広かってきます。AVボードの向こう側は、シューズクロークになっている玄関ホールで、その向こうが階段、階段から吹き抜けを通じで2階へと通じています。左手にはダイニングとその奥にキッチンや水回り、上にはベッドルームの室内窓が開放されて見えています。都合の悪いものが見えない形で、全体を開放している状態です。ゲストが来られたり、様々なシーンに対応するためのクローズの仕方は設えてありますが、ご夫婦二人でいらっしゃる時は、いつも何処かに気配を感じるこの空間がベースとなります。(つづく)

          JUGEMテーマ:建築

          ◆読まれたらココをポチッとお願いします!→にほんブログ村 デザインブログへ ←ここですよ!
          ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

           ←ここも!ここも!

          | 住まいづくり報告 | 07:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
          「糸島の終の住処」完成6【リビング】
          0

             玄関ホールから、シューズクロークとAVボードを背中合わせに配置した壁から中に進むと見えてくるのがリビングのこのシーンです。南東面に大きく開口した窓は、吹き抜け空間ならではのシーンかもしれません。ゆっくりと流れていく雲を見ながら、日がな一日過ごす日々を思いながらこのシーンのスケッチを描いたのを記憶しています。旗竿上の敷地に対して、この南東面が唯一視線を遠くに抜くことが出来る窓が設える方向で、この方向にこれから作り込んでいくお庭との一体感で、ご夫妻のくらしを豊かなものにしていきます。(つづく)

            JUGEMテーマ:建築

            ◆読まれたらココをポチッとお願いします!→にほんブログ村 デザインブログへ ←ここですよ!
            ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

             ←ここも!ここも!

            | 住まいづくり報告 | 07:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
            「糸島の終の住処」完成5【玄関・階段】
            0

               N邸の特徴として、限られたスペースを閉塞感なしに、逆に広々と演出するために極力建具を使っていないと言うことがあるかもしれません。階段の途中から振り返れば、玄関から動線を分岐する各エリアへの導入には建具は一切なく、その様子がうかがえます。人間の視野角は案外一定の方向に限られて活動的で、日常で未定しない死角も結構あります。動作をよくよく考えていくと、死角を上手く使っていくことによって間仕切らなくとも意識として確実に切れていく工夫は出来るものです。平面的にも、また立体的にもそう言う工夫をしていくことで、限られたヴォリウムが広がりをもって感じられていくのだと思います。(つづく)

              JUGEMテーマ:建築

              ◆読まれたらココをポチッとお願いします!→にほんブログ村 デザインブログへ ←ここですよ!
              ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

               ←ここも!ここも!

              | 住まいづくり報告 | 07:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
              「糸島の終の住処」完成4【玄関・階段】
              0

                 外観から見たN邸の単純なイメージからすると、内部の様子は余り創造できないのかもしれないと思ったりします。いたるところで吹き抜けていて、光や空気が上下を自由に行き交っています。玄関ホールもそうで、実質的な面積はミニマルですが、それでも狭苦しくない感覚でいられるのはそう言う構成からかも知れません。玄関ドアは、北海道で制作してもらっている木製の高気密高断熱ドアです。入ってすぐ右側には折り上げの緩い階段があり、基本的には手すりを意識しないでゆっくり昇り降りが出来る緩やかな階段となっています。「歳を取ったら平屋」という発想はありますが、階段が老後の障壁となるのは、逆に階段が優しくないからです。弊社は全棟自主基準において、降りるときも万歳しながら、手すりを使わずに下りれる階段を旨としています。階段上部のハイサイドの窓から光が降り注ぎ、明るい玄関となっています。(つづく)

                JUGEMテーマ:建築

                ◆読まれたらココをポチッとお願いします!→にほんブログ村 デザインブログへ ←ここですよ!

                ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

                 ←ここも!ここも!

                | 住まいづくり報告 | 07:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
                「糸島の終の住処」完成2【外観】
                0

                   昨日の続きですが、南東面に大きく開放されているのは内包するリビングと吹き抜けの位置からきています。敷地の条件から、南東方向にしか開放的な視線の抜け道がとれず、この開口から庭に視線が抜けるように開口しています。西側はまるで相似形のように隣地の建物が西陽を遮ってくれるために、熱的には非常に有り難い条件となっています。北道路側には、自然換気用とアトリエの安定光を入れるためだけの正方形の窓があるだけです。開放的で明るい南東ですが、冬の日射取得には貢献しても夏場の東側の開口が悪さをしそうでそれが気になります。一般的には外付けブラインドとなるのでしょうが、今回は木製のガラリを上下2枚つり込み、連動させて必要な時に東側のFIX開口をスライドして覆い、午前中の日差しを制御できるようにしました。室内から見ると、案外美しくきつい朝日を遮ってくれそうです。外観的には木質のものが良いアクセントとなりました。また、1階ダイニングと2階主寝室の南側開口は、深い庇とウッドバルコニーで日射遮蔽をしています。冬は最大限、夏は出来るだけ遮断してと言う太陽とのつき合い方です。このようにして、機能面からも外観が決定づけられていきました。今回はエネルギー効率からも30坪に満たないヴォリウムを単純な片流れの矩形に近い形にしましたが、東側木塀の向こう側が開放型の駐車スペースと玄関ポーチとし、玄関は外皮を窪ませ、深いポーチの庇を構成させています。(つづく)

                  JUGEMテーマ:建築

                  ◆読まれたらココをポチッとお願いします!→にほんブログ村 デザインブログへ ←ここですよ!
                  ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

                   ←ここも!ここも!

                  | 住まいづくり報告 | 07:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  「糸島の終の住処」完成1【外観】
                  0

                     先日完成した「糸島の終の住処」真夏も真冬も小さなエアコン一つで暮らす住まいの提案です。まず外観。これは庭側から見た南東部分からのファサード、袋小路になった旗竿地に建てられたこの住まいは、弊社のこれからのマイルストーンになります。コンパクトな2階建てで、内外装の仕上げもビルダーと同じような建材を使用していますが、インテリアコーディネーターの資格も持たれている奥様とのお話の中で、あえてそうしながらどこまでクオリティーを上げれるかに挑戦しました。南面の大開口は日射取得のためですが、配置から南東面を開放する必要があり、東面の日射リスクを木製の特性ガラリで交わす工夫をしています。これからしばらくこのN邸の完成披露が続きます。(つづく)

                    JUGEMテーマ:建築

                    ◆読まれたらココをポチッとお願いします!→にほんブログ村 デザインブログへ ←ここですよ!
                    ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

                     ←ここも!ここも!

                    | 住まいづくり報告 | 07:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    住まいづくり報告 糸島市N邸 日射遮蔽スクリーンなど
                    0

                       昨日は住まい手のご入居を前に、糸島市N邸の外構工事や補足工事を見て参りました。車庫奥の木塀が整い、東面の大開口の余分な日射を遮るための稼動木スクリーンが取り付けられて、外観的に漸く当初の計画通りのイメージに近づいてきました。オープンハウスでここまで出来ていればと悔しい想いもあるのですが、天候や工事手順ですから仕方ありません。N邸は南面の日射取得を最大限活用したプランですが、南東角は近隣の条件からどうしても視線を遠くに抜く場所として連続して開口にしたかったのです。ところが東西側は時として欲しくない強い日差しを室内に呼び込みます。それを遮蔽するためのちょっとした仕掛けをこのようにしました。上下2枚の木スクリーンが、連動してバーを掴んでスライドすることにより東の大開口を覆います。何だか木の感じがファサードにも貢献してくれているようで整いました。いよいよご入居。こちらも緊張します。

                      JUGEMテーマ:建築

                      ◆読まれたらココをポチッとお願いします!→にほんブログ村 デザインブログへ ←ここですよ!
                      ※あなたのPC・スマホからのワンクリックが励みです。笑

                       ←ここも!ここも!

                      | 住まいづくり報告 | 07:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>
                      ホームページは↓ココをクリック!!
                      ランキング投票クリックよろしく!!
                      ブログランキング・にほんブログ村へ
                      人気ブログランキング【ブログの殿堂】

                      SEO対策
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      にほんブログ村
                      解析
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE